2012年04月06日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ERPやCRMとの連携基盤構築が急務タブレットでのドキュメント管理ニーズが増加、課題は拡張性

タブレットをドキュメントの閲覧・作成端末として業務利用する企業が増えている。ベンダー各社はドキュメント管理製品を充実させつつあるが、ERPなどのバックエンドシステムとの連携など課題が残る。

[Andy Patrizio,TechTarget]

 企業は何かしらの用途を意図して新製品を売り出すものだが、そうした意図とは想定外の使われ方をされてしまうのは珍しいことではない。このことはタブレットにも当てはまる。タブレットはコンシューマー向けの製品として開発されたものだが、最近ではビジネスの世界、とりわけ現場の営業担当者の間で人気が高まっている。

 タブレットは本来コンテンツを楽しむための端末として位置付けられており、実際にもおおむねそのように使われている。だがビジネスの世界では、ドキュメント管理用の端末として作成と利用の両方に使われるケースも増えてきている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

AdRollが日本でも「ネイティブ広告」の販売を開始
AdRollは、米国にて提供中の「ネイティブ広告」のサービス提供を日本でも開始した。

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...