2012年04月26日 20時00分 UPDATE
ニュース

【IFRS】第1四半期からIFRS開示SBIホールディングス、アンリツがIFRS任意適用、2013年3月期から

「資本市場における財務情報の国際的な比較可能性を向上させる」とIFRS任意適用の理由を説明。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 SBIホールディングスは4月26日、2013年3月期からIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を任意適用すると発表した。2013年3月期の第1四半期決算からIFRSで開示する。

 同社は金融サービス事業の海外展開を積極的に進めている。2011年4月には香港証券取引所メインボード市場にHDR(香港預託証券)を上場した。香港証券取引所のHDR上場の際にも早期のIFRS適用が求められていたという。また、外国人投資家の保有比率は約45%(2012年3月末)といい、同社は「資本市場における財務情報の国際的な比較可能性を向上させる」とIFRS任意適用の理由を説明している。

 また同日、アンリツも2013年3月期からIFRSを任意適用すると発表した。2013年3月期第1四半期からIFRSで開示する。同社は「内部の意思決定プロセスの改善などにより経営基盤の強化を図るとともに、財務情報の国際的な比較可能性向上による資金調達手段の多様化を目指す」とIFRS適用の理由を説明している(2012年4月26日午後6時50分追記)。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...