2014年07月17日 15時00分 UPDATE
特集/連載

オフィス外に拡張する802.11ac「どこでもギガビット無線LAN接続」、最初のユーザーは誰?

米Extreme Networksは同社の無線LAN製品「IdentiFi」にIEEE 802.11ac対応の屋外用Wi-Fiアクセスポイントを追加。オフィスの外でもギガビットレベルのWi-Fi速度が実現できるようになった。

[Gina Narcisi,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140717wifi.jpg

 米Extreme Networks(以下、Extreme)が最近公開したIEEE 802.11n対応の屋外用Wi-Fiアクセスポイントは、同社が大規模な公共の会場、カンファレンスセンター、大学のキャンパスといった環境のニーズに合わせて拡張できることを証明した。米国全土のNFLスタジアムはその一例だ。そして、最新の3865eシリーズではIEEE 802.11acに対応。大きなキャンパスや会場で、建物の内外を問わずモバイルデバイスやWi-Fi対応のウェアラブルデバイスに快適なWi-Fi接続環境が提供される。

キャンパスをつなぐ屋外用アクセスポイント

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

RPAを活用したWebサイト運用の生産性向上サービス、メンバーズが提供開始
メンバーズは、RPAなどを活用してWebサイトの運用コストを最大50%削減する「生産性向上...

news059.jpg

「スマホなしで外出するよりも公共の場で服を着ない方がまし」が4分の1――カスペルスキー調べ
世界15カ国1万人超を対象にした意識調査で浮かび上がったインターネットユーザーの本音と...

news012.jpg

Criteo CEOが語る「フルファネル」「AI」「日本市場」
パフォーマンスマーケティング企業としてEC事業者を中心に支持されるCriteo。CEOに復帰し...