2014年07月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Microsoft Azureスマート解説【第5回】縁の下の力持ち「Microsoft Azureストレージ」の3つの機能を使い分ける

「Microsoft Azure ストレージ」には、3種類のストレージが用意されている。これらのストレージは、格納するデータの性質やサイズ、格納後の利用方法、実装の際に適用するデザインパターンなどに応じて使い分ける。

[日山雅之,FIXER]

Microsoft Azure ストレージとは

 「Microsoft Azure ストレージ」とは、さまざまな種類のデータを格納するためのサービスである。ストレージの種類として、「BLOB」「Table」「Queue」の3種類のストレージが用意されている。これらのストレージは、格納するデータの性質やサイズ、格納後の利用方法、実装の際に適用するデザインパターンなどに応じて使い分ける。

 BLOBはオブジェクトストレージおよびブロックストレージである。主に、大量の非構造テキストやビデオ、オーディオ、画像などのバイナリデータを格納するために使用する。Tableは分散Key-Valueストア(分散KVS)で、アプリケーションのログデータなどの半構造化データを格納するために使用する。Queueはメッセージキューの機能を持ったストレージだ。主にアプリケーション間でメッセージをやりとりするために使用する。

 本サービスでは、ストレージアカウントという単位で管理を行う。1ストレージアカウントに対してBLOB、Table、Queueを複数個作成することができ、1ストレージアカウント当たり最大500Tバイト(2014年7月24日時点)のデータを格納することができる。そのため、よほどのことがない限り、データ容量を気にせずに使用することができる。

tt_aa_azure01.jpg 図1 3種類のストレージ

堅牢にデータを格納する仕組み

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...