2014年11月05日 15時00分 UPDATE
特集/連載

微妙になる「MapReduce」との関係「Hadoop」はビッグデータ処理の中心に居続けることができるのか?

英Apacheソフトウェア財団の「Hadoop」に関するうわさは夏の間その影を潜めていた。その一因は旧友である米Googleのプログラミングモデル「MapReduce」にある。

[Jack Vaughan,TechTarget]

関連キーワード

Hadoop | Google | Amazon EC2 | ビッグデータ


ik_tt_hadoop.jpg

 英Apacheソフトウェア財団の「Hadoop」は高い評価を得ている。だが、2014年の夏の間、そのうわさは影を潜めていた。新しいテクノロジーにはある程度の失望が付き物だ。だが、Hadoopに対する失望は厄介なタイミングで訪れた。その一因は長きにわたって苦楽を共にしてきた米Googleのプログラミングモデル「MapReduce」にある。

 ベンダーとユーザーはどちらもHadoopに多額の投資を行ってきた。ただし、金融アプリケーションとWebマーケティングアプリケーションの範囲を超えると、Hadoopの存在感は薄くなるように思える。また、概念実証の段階で行き詰まるように見えることも少なくない。企業の運用環境に導入されているHadoopは舞台のそでで出番を待っているような状態になっているようだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintoneと」連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...

news031.jpg

ロックオンが「TVエビス」を提供、テレビとWebを横断したマーケティング施策最適化を実現
ロックオンはトライステージと共同で、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の...