2015年10月13日 12時00分 UPDATE
特集/連載

年間4900万リットルを浪費するという報道もサーバの水冷却方式に“不都合な真実”、水不足で批判相次ぐ (1/2)

人口増加と気候変動によって、世界では水の需要がさらに増している。この水不足問題には解決の兆しが見えない。そんな中、データセンターの水冷処理を見直す動きがある。

[Keith Klesner, Ryan Orr and Matt Stansberry, Uptime Institute,TechTarget]
photo ドイツ証券が構築した外気冷房システム(TechTargetジャパン「環境配慮型のデータセンター冷却システムを導入したドイツ証券」より)《クリックで拡大》

 干ばつによってデジタル経済は干上がるのだろうか。水不足の問題が切迫している中、大規模なデータセンターは冷却に使用する水について見直しを進めている。

 現在、米カリフォルニア州の深刻な干ばつにメディアの関心が集まっているが、その注目の多くは住居や農業での用途に寄せられている。今のところ、データセンターのように工業で水を使用している事例には、ほとんど目が向けられていない。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

Twitter上でユーザーとのコミュニケーションを自動化、サイバーエージェントがサービス提供
サイバーエージェントは、Twitter上での企業とユーザーのコミュニケーションを自動化する...

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...