2015年12月21日 08時00分 UPDATE
特集/連載

iOS、Androidアプリも開発できる「Microsoft PowerApps」Officeスキルでモバイルアプリ開発が可能、Microsoft新ツールは本当に簡単?

Microsoftは、IT部門がモバイルアプリを独自に作成できる新ツール「Microsoft PowerApps」をリリースした。このツールを使用するために、コーディング技術は一切不要だ。

[Ramin Edmond,TechTarget]
tt_aa_kaigai.jpg Microsoft PowerAppsのWebサイト(出典:日本マイクロソフト)《クリックで拡大》

 米Microsoftの「Microsoft PowerApps」を使用すると、社員は任意のデバイスに対応したビジネスアプリを開発して接続できる。

 開発スキルは必要ない。Microsoftは、この新しいSaaSであるPowerAppsを2015年12月第1週にリリースし、今日のモバイルITが直面している多くの問題を解決できると発表した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。