2015年11月18日 08時00分 公開
特集/連載

Excelからの脱却 シダックスがメニュー管理システムを「kintone」へ、その効果は?情シス主導が成功要因(1/2 ページ)

レストランカラオケのシダックスが、カラオケ店舗のメニュー管理システムに「kintone」を採用。従来のExcel管理から解放されたことで、メニュー管理の効率化やアレルギー物質の管理レベル強化など大きな効果を得ている。

[唐沢正和,著]

関連キーワード

Excel | 帳票 | kintone


豊富な食事メニューをそろえるレストランカラオケ「SHIDAX」のWebサイト《クリックで拡大》

 シダックスは、ソーシャルウェルネス(健全・健康な社会)を実現する企業を目指し、フードサービス事業を始め、コンビニエンス中食事業、レストランカラオケ事業、スペシャリティーレストラン事業、トータルアウトソーシング事業、スポーツ&カルチャー事業、ヘルス&ビューティー事業まで、「運動・栄養・休息・心・美」の領域を包含したトータルアウトソーシングサービスを提供している。

 その中で、レストランカラオケ事業では「きれい、おいしい、うれしい」をコンセプトに、子どもから高齢者まで親子3世代で楽しめるカラオケ店舗を運営しており、全国に279店舗(2015年3月末現在)を展開する。幅広い年齢層のニーズに対応できるようファミリーレストランにも引けを取らない充実したフード・ドリンクメニューをそろえているのが大きな特徴となっている。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...