2018年05月25日 05時00分 公開
特集/連載

PowerShell、コマンドプロンプト向けMicrosoft純正、全948ページ「Windowsコマンドレファレンス」から分かること

WindowsコマンドをまとめたMicrosoftのドキュメント「Windows Commands Reference」。その内容を熟読し、実際に各コマンドを実行して分かったことをまとめた。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像

 Microsoftはこのほど、Windowsコマンドの情報をまとめたドキュメント「Windows Commands Reference」(Windowsコマンドレファレンス)を改訂して再リリースした。全部で948ページあるこのドキュメントは、270個以上のWindowsコマンドについて説明している。私は過去4日以上かけて、各コマンドについて実験しながら、このドキュメントを熟読した。特に以下の点の確認を試みた。

  • 「Windows 10」のコマンド実行環境である「Windows PowerShell」と「コマンドプロンプト」(cmd.exe)の両方で利用できるコマンド
  • PowerShellでは機能しないがコマンドプロンプトでは機能するコマンド
  • Windows 10で全く機能しないコマンド

Windows Commands Referenceから分かったこと

 この過程で私は、コマンドプロンプトがPowerShellの内部から起動できるという、興味深くて役に立つ事実を学習した。単純に「cmd」または「cmd.exe」と入力するだけで、PowerShell内部でコマンドプロンプトのセッションを開始できる。

 私がWindows Commands Referenceにある全コマンドを実行し、確認できた主要な事項は以下の通りだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...