TechTargetジャパン

技術文書
5つの「アジャイルデータセンター」活用例が示す、停滞したIT環境の変革手法
 クラウド、スマートデバイス、仮想化、ビッグデータといった新しいテクノロジーは、新しいビジネスチャンスの実現に直結している。例えば、モバイルでのサービス提供、あるいは1人ひとりに合わせた製品提供やサプライチェーン最適化のための分析などにこうしたテクノロ...(2015/2/25 提供:株式会社シマンテック)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?
 Computer Weekly日本語版 5月20日号は、以下の記事で構成されています。■ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel 「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。Intelはビジネスモデルの転換を迫ら...(2015/5/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
通信事業者58社に聞く、5G動向調査レポート「けん引役はIoT」
 Telecommunications Industry Association(TIA)は、世界中の通信事業者 58 社を対象に、5G(第5世代移動通信)について調査を行った。多くの通信事業者が、5G では「完全な商用化は 2022 年以降」「けん引役は IoT」「開発と導入ではアジアがリード」と考えていること...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

事例
【3Dプリンタ事例】Normal社 最短48時間でカスタムメイドの3Dプリントイヤホンを提供
 Normal社の創業者でありCEOでもあるKaufman氏は、大量生産と同じ規模でカスタマイズ製品をつくるという方式は、持続可能かつ収益性の高いビジネスモデルのベースになると確信しています。 この信念のもとで同氏が立ち上げたのが、3Dプリンティング技術を用いて最短48時...(2016/1/22 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

レポート
「SoE(Systems of Engagement)」が変える「3つの成功要因」
 従来、ITシステムはビジネス戦略の実現に必要なインフラストラクチャを提供する役目を担ってきた。テクノロジーは道具であり、効率を高めて、コスト削減することがその目的とされ、ビジネスの脇役であった。 しかし現在では、ITシステムは企業の成長のためになくてはな...(2015/10/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
なぜモノづくりシステムのROIはよくないのか?5つの理由
 PLMは、億単位のプロジェクトが組まれることもよくあるERPやSCMシステムに匹敵する基幹システムだ。そのようなシステムがなぜうまく活用されていないのだろうか? PLMシステムの活用度合いを「本来あるべき姿」まで持っていくことで、日本の製造業はもっと効率化が進む...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2016/1/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「IoTアプリケーションの心臓部」となるセキュリティ機構を知ろう
IoT(Internet ofThings:モノのインターネット)の可能性に注目が集まっている。IoTをベースとした新しいアプリケーションを構築し、自社のソリューションの機能を強化することは、ソフトウェア開発に携わる部署や企業にとって最優先事項となっている。たとえば、インテ...(2015/10/16 提供:日本セーフネット株式会社)

製品資料
Google Maps APIで分かるものは「位置だけ」ではない
 当初は拠点の位置情報を知りたいためだけに「Google Maps API」を利用していたが、次第にさまざまな利用方法に気付き、その活用に積極的に取り組むことで多くのビジネスメリットを発掘し、顧客サービスの充実を実現してきた企業が世界中で増加している。 ある保険会社...(2015/9/28 提供:グーグル株式会社)

レポート
転換期を迎える医療機器市場で生き残るための戦略とは
 世界の医療機器市場は年8%の勢いで拡大し続けている成長市場だ。日本国内の医療機器市場は、現在は約6000億円の輸入超過だが、2013年11月に成立した「薬事法改正案」成立を受けて状況は変わりつつある。医療機器に関する規制が緩やかになり、新規参入のハードルが下が...(2014/12/8 提供:日本セーフネット株式会社)

技術文書
カーテレマティクスの先進事例から学ぶ、製造業IoTのヒント
 IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の流れは、製造業にも大きな変革をもたらすといわれています。 しかし、その一方で具体的な活用の道筋や効果が見えづらい状態にあり、導入に躊躇(ちゅうちょ)する企業も少なくありません。 本稿では、代表的なIoTの...(2016/5/23 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビッグデータをより速くより深く分析するための必須条件とは?
 膨大なデータから新たな価値を生み出すための必須条件とは何か? それはより速く、より深く分析できるIT基盤だ。ビジネスにおけるデータ分析の重要性が増す中、処理能力だけでなく仮想化機能、信頼性、セキュリティにおいて高い能力を備えたシステムが求められている。(2016/5/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
レンタルサーバ事業者の評価基準に応えるバックアップ運用の要件
 企業が管理するデータが爆発的に増加する中、事業継続計画の要となるバックアップシステムに対する意識も変わり始めている。レンタルサーバ事業などを行うプロックスシステムデザインでは、この変化を受けてバックアップサービスの内容を大幅に変更した。 同社は、2002...(2016/5/17 提供:Arcserve Japan合同会社)

技術文書
2015年、半導体業界の買収/合併劇を振り返る
 米調査会社のIC Insightsによると、2010〜2014年までに行われた半導体業界の買収案件では、年平均100億米ドルあまりの金額が動いたという。この調査結果に対して、2015年に実施/発表された買収案件の買収総額は何と1000億米ドルを超える。平年の10倍、過去5年間の総額...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「インダストリー4.0」の課題は人工知能とR-INエンジンで解決
 ルネサス エレクトロニクスの産業機器向け高速データ処理/通信エンジンである「R-IN」と、人工知能を組み合わせたプラットフォームについて紹介する。 センサーを利用した装置や機器のモニタリングでは、膨大なデータが生成されてしまい製造現場のネットワークを逼迫...(2016/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 失敗しないモバイルアプリ開発
 スマートフォンとモバイルアプリの普及が、新たなビジネスモデルを生み出している。必然的に、モバイルアプリがビジネスの成否を左右する重要な要素となる。 いかに迅速に、かつ低コストにアプリを開発するか。本PDFでは、モバイルアプリ開発を簡略化するMBasSと、失敗...(2015/8/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoTの次なる活用法――データストリームのリアルタイム分析とは?
 センサーの小型化とワイヤレスなどコミュニケーション機能の向上により、IoTの普及はさらに進んだ。現在、多くの企業は、センサーから送られたデータを蓄積してから分析することに重きを置いているが、今後はデータを保存する以前のデータストリームを分析することが重...(2016/4/25 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
「電力小売の自由化」アンケート結果公開!新規小売事業者の成功のポイントは?
 スマートジャパンでは2015年12月に「電力小売の自由化の動向」について読者を対象にアンケート調査を実施。900件以上もの回答が集まった。 電力小売全面自由化により多くの事業者が参入を表明しているが、新規小売電気事業者の動向については「短期的には増えるが、長...(2016/3/14 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
医療向けESB・SOA「医療サービスバス」接続性だけでなく高い相互運用性を確保
 多くの医療機関はESB(エンタープライズサービスバス)製品と、それによるSOA(サービス指向アーキテクチャ)導入に注目している。理由は既存のアプリケーションと医師のワークフローに情報を提供して、より良い医療連携を行うこと、各組織のデータを簡単に取得して利用...(2016/2/22 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

レポート
モバイル活用の推進は経営層のテーマ、包括的モバイル戦略の策定はCIOだけの課題ではない
 モバイルが今後の企業の成長エンジンとなることは間違いない。それはかつてインターネットが登場してきた時代と似ている。しかし重要性については十分に認識していながら、包括的なモバイル戦略を資金面も含めてしっかりと策定している企業は意外に少ない。 ここでの“...(2015/5/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ビジネスニーズに応える、IT化されたビジネスへの変革とは
 ビジネスの成長において、従来型のITコストや既存のアプリケーションが、新しい製品やサービスの導入の妨げになっていることも多い。これら妨げとなるIT課題に対して、既存のアプリケーションを評価し、それぞれのコストや相互依存性、アプリケーションがもたらすビジネ...(2015/4/27 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
5Gの商用化、日本のエンジニアが2020年東京五輪に間に合わせる!
 EE Times Japanは2015年5〜6月、モノづくりメディア会員を対象に「第5世代移動通信(5G)に関する技術動向/意識調査」を実施した。日本のエンジニアが5Gの実現に向けて克服しなければならないと考えている技術課題や、5Gに対しどのような期待を抱いているかなどが明らか...(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
SaaSは1秒1秒が勝負の時代、検討すべきは「ストレージプロセス自動化」
 SaaSは多くの企業が活用し、モバイル経由の利用シーンも当たり前になっている。実際に利用しているユーザーのロードタイムに対しての意識は、33%がモバイルもデスクトップと同じかそれ以上に速いことを望んでおり、47%が2秒未満でページがロードされることを求め、1秒...(2016/3/17 提供:SolidFire)

製品資料
終わりのないセキュリティ対策をアウトソースすべき「5つの理由」
 1分間に発生するマルウェアが307件を超えるといわれる中、6割以上の組織ではそうしたサイバー攻撃の発見までに数週間かかっているという調査結果もある。セキュリティ対策の重要性が増す一方で、自社でセキュリティ機器を購入・運用した場合には、機器の初期設定や障害...(2016/3/11 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

製品資料
バックアップとリカバリの新たな効率化――分析から導く考察・洞察・展望の活用
 データのバックアップやリカバリをリアルタイムに分析することで、データ保護において発生するさまざまな問題の根本原因を明らかにする。こうした分析主導のアプローチにより考察・洞察・展望を得ることで、作業の優先度を決めてSLAに適合するバックアップを自動で実行...(2016/3/9 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
IT管理工数を71%削減、シンプル化を極めるシステム構築・運用術
 IDCの調査によると、当初はVDI(仮想デスクトップ環境)が主な用途だったハイパーコンバージドシステムは、現在ではその用途も広がり、データベースやERP、CRM、SCMなどのビジネスアプリケーションにまで広がってきている。 大企業の情報システム部門では、5年後を予測...(2016/3/8 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
「オンプレミスからクラウド」を賢く実践、知らないと損するノウハウとは
 企業がクラウド利用を検討する理由の多くは、クラウドが迅速にリソースを展開でき、スケーラビリティを提供し、かつコストメリットを有しているからだ。そして、多くの企業が、クラウドを検討する際には、まず、「Amazon Web Services」(AWS)を真っ先に候補に入れるだ...(2016/3/3 提供:アマゾンウェブサービスジャパン株式会社)

事例
産業用ソフトウェアの不正使用を防げ!知的財産を守る強力なプロテクション
 モノのインターネット(IoT)が普及するにつれ、ソフトウェアの重要性はより高まっている。しかし一方でハッカーや競合他社によるリバースエンジニアリングやハッキングの脅威にさらされ、大切な知的財産が不正コピーされる恐れがある。 2007年の模倣品被害の総額は年...(2015/12/1 提供:日本セーフネット株式会社)

Loading