TechTargetジャパン

技術文書
5つの「アジャイルデータセンター」活用例が示す、停滞したIT環境の変革手法
 クラウド、スマートデバイス、仮想化、ビッグデータといった新しいテクノロジーは、新しいビジネスチャンスの実現に直結している。例えば、モバイルでのサービス提供、あるいは1人ひとりに合わせた製品提供やサプライチェーン最適化のための分析などにこうしたテクノロ...(2015/2/25 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
IoT時代を勝ち抜く 製造業のノウハウを結集したIT基盤の実現方法とは?
 日本の製造業の70%が海外進出を果たしている今日、グル―バルにおける経営実態の把握が課題となっている。製造業においてはERPパッケージを活用し、業務シナリオをベースに業務の標準化を図り、グローバルテンプレートとして海外拠点へと展開することが求められる。 I...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?
 Computer Weekly日本語版 5月20日号は、以下の記事で構成されています。■ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel 「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。Intelはビジネスモデルの転換を迫ら...(2015/5/20 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
通信事業者58社に聞く、5G動向調査レポート「けん引役はIoT」
 Telecommunications Industry Association(TIA)は、世界中の通信事業者 58 社を対象に、5G(第5世代移動通信)について調査を行った。多くの通信事業者が、5G では「完全な商用化は 2022 年以降」「けん引役は IoT」「開発と導入ではアジアがリード」と考えていること...(2016/3/28 提供:アイティメディア株式会社)

事例
【3Dプリンタ事例】Normal社 最短48時間でカスタムメイドの3Dプリントイヤホンを提供
 Normal社の創業者でありCEOでもあるKaufman氏は、大量生産と同じ規模でカスタマイズ製品をつくるという方式は、持続可能かつ収益性の高いビジネスモデルのベースになると確信しています。 この信念のもとで同氏が立ち上げたのが、3Dプリンティング技術を用いて最短48時...(2016/1/22 提供:株式会社ストラタシス・ジャパン)

レポート
「SoE(Systems of Engagement)」が変える「3つの成功要因」
 従来、ITシステムはビジネス戦略の実現に必要なインフラストラクチャを提供する役目を担ってきた。テクノロジーは道具であり、効率を高めて、コスト削減することがその目的とされ、ビジネスの脇役であった。 しかし現在では、ITシステムは企業の成長のためになくてはな...(2015/10/22 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
なぜモノづくりシステムのROIはよくないのか?5つの理由
 PLMは、億単位のプロジェクトが組まれることもよくあるERPやSCMシステムに匹敵する基幹システムだ。そのようなシステムがなぜうまく活用されていないのだろうか? PLMシステムの活用度合いを「本来あるべき姿」まで持っていくことで、日本の製造業はもっと効率化が進む...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2016/1/27 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「IoTアプリケーションの心臓部」となるセキュリティ機構を知ろう
IoT(Internet ofThings:モノのインターネット)の可能性に注目が集まっている。IoTをベースとした新しいアプリケーションを構築し、自社のソリューションの機能を強化することは、ソフトウェア開発に携わる部署や企業にとって最優先事項となっている。たとえば、インテ...(2015/10/16 提供:日本セーフネット株式会社)

製品資料
Google Maps APIで分かるものは「位置だけ」ではない
 当初は拠点の位置情報を知りたいためだけに「Google Maps API」を利用していたが、次第にさまざまな利用方法に気付き、その活用に積極的に取り組むことで多くのビジネスメリットを発掘し、顧客サービスの充実を実現してきた企業が世界中で増加している。 ある保険会社...(2015/9/28 提供:グーグル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「クラウド」と「iPad」活用で、新工場のIT導入の短期化に成功
 グローバル化が進む製造業。大手製造業のみならず中堅・中小製造業においても海外での生産・販売体制が求められている。しかし、海外進出は大きなチャンスであると同時に、大きなリスクを伴う。 当然ながらグローバル化への取り組みは慎重なものとなるが、意外と後回し...(2016/8/2 提供:KDDI株式会社)

レポート
“つながる工場”「1年前より進んだ」と実感――53.2%が本格的な取り組みを開始
 「TechFactory」が実施した「工場内ネットワークに関する調査」(調査期間:2016年6月3〜14日)では、製造業に従事する会員/読者を対象に、“つながる工場/工場内ネットワーク化”の現状や導入検討に関する課題について聞いた。 ドイツの「インダストリー4.0」などに...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
次世代データ分析のストレージ基盤はSDSが本命? 非構造化データ急増で再注目
 IoTの発展やスマートデバイスの普及により、企業が収集可能なデータはかつてないほど増大している。しかし、現在のITシステムでは、デジタル技術の進化によってもたらされた膨大なデータの88%は活用できていないという。 だからといって、企業はこれらのデータを不要...(2016/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年1月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年1月号をご紹介。 特集記事では、2015...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ネット犯罪動向最新レポート「オンライン詐欺編」
 「ネット詐欺をお考えの皆さん。詐欺行為に必要な道具ひと揃い、お売りします……」 現実世界では考えられないこんな誘いもまかり通るであろう、ネット犯罪者向け「闇市場」。ニセサイトで悪事を働く犯罪者向けに「フィッシングキット」が流通し、パッケージ化されたSa...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
“いいモノ”だけでは売れない時代になぜ「ネジザウルス」は大ヒットしたのか?
 年間1万丁売れれば大ヒットといわれる工具業界において、2002年の発売以来、累計250万丁の販売を達成した「ネジザウルス」。 サビついたり、ネジ頭がつぶれたりしているネジをいとも簡単に外すことができるこの商品、読者の皆さんもホームセンターなどで見掛けたことが...(2016/7/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月20日号:AppleとMicrosoftのオープンソース戦略
 Computer Weekly日本語版 7月20日号は、以下の記事で構成されています。■AppleとMicrosoftのオープンソース戦略がコミュニティーに支持される理由■2016年、CIOが導入に積極的な技術はモバイルとSDN、そして……■弁護士に学ぶ、オープンソースの法的リスクとその管理...(2016/7/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
そのクラウドの組み合わせ、本当に最適だと思いますか?
 プライベート、マネージド、パブリックなど複数のクラウドを混在状態で活用している企業にとって、大切なのは各サービスの調達、管理、利用を最適化することだ。例えばプライベートで運用していたITサービスを「パブリックに全て移したい」、あるいはマネージドのみで運...(2016/7/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
自社に最適な「クラウドの組み合わせ比率」の見つけ方
 プライベートとパブリックの両クラウド環境を利用するハイブリッドクラウドが、多くの企業で導入されるようになった。しかし、プライベートとパブリックの利用割合を最適化することは簡単ではない。コストと運用効率、そしてサービス提供のスピードといった観点で最善の...(2016/7/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
世界初の両眼シースルーHMDはこうして生まれた!
 MONOistセミナー「大手とベンチャーが語る『開発スピードが生み出すオンリーワン製品』」(会期:2016年6月3日)に登壇したセイコーエプソン。 競争力のある製品をいかに早く市場投入すべきか――。同社のスピード感ある開発スタイル、その取り組みが講演「新規事業製...(2016/7/11 提供:KDDI株式会社)

事例
自己解決率80%のFAQサイトをソフトバンクモバイルはどうやって作ったのか?
 コールセンター(CS)の運営を最適化するには、業務効率の改善と、問い合わせを減らすことが重要になる。そのために欠かせないのがFAQサイトの充実だ。CSに問い合わせる前にFAQサイトで解決できるケースが増えれば、自ずと負担は軽減する。 その成功例が、移動通信サー...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年5月号(最終号)をご紹介。 特集記事...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ITサービスマネジメント実践ガイド――今こそ再確認したい導入の意義と基本戦略
 IT部門がシステムの保守・運用などの従来の業務にとどまらず、ビジネスの発展に貢献するためのアプローチとしてITサービスマネジメント(ITSM)に取り組む企業は多い。しかし、具体的に目指すべき目標や手法について、担当者の認識が曖昧なケースも少なからず見られる。(2016/7/7 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

その他
【ケーススタディで学ぶ】製造業のためのWebマーケティング入門
 製造業ではいま新しいマーケットが形成され、新たなターゲットとなりうる顧客層が生まれつつあります。そうしたなかで、あなたの会社の営業・マーケティング体制は、まだ「引き合い依存」のままになってはいないでしょうか? 製造業における「Webマーケティングの重要...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoT で実現化される「予防保全」の可能性とは
 機械や設備の状態を監視することで、将来起こり得る問題発生を見いだし、未然に防ぐ…この「予防保全」という分野は、古くから注目されていたテーマだ。 ニーズは高かったものの、技術的な課題により、今まではそれほど高精度では実現できなかった。それが今、「IoT( ...(2016/7/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
IoTを成功に導くために、取り組むべき6つの課題と解決策
 「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を実践する上で企業はセキュリティやネットワーク、分析プラットフォーム、コストなど多くのことを考える必要がある。 そのようなIoTに関わるエンドツーエンドのソリューションを提供するのがインテルだ。近年は...(2016/6/30 提供:インテル株式会社)

Loading