TechTargetジャパン

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
攻撃者はなぜランサムウェアを使う? サイバー犯罪のビジネスモデルとは
 ランサムウェアは、急速に世界中の組織が直面する最大のサイバー脅威の1つになった。従来の攻撃者は、個人情報やクレジットカード番号を盗み、闇市場で売ることで利益を得るというのが一般的だった。しかし近年、それらの盗んだ記録への対価が大幅に下落している。2011...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

レポート
ランサムウェア対策レポート 身代金を支払わないために知っておくべきこと
 近年、ランサムウェア、特に暗号化ランサムウェアが急速に普及し、世界中の組織にとって最大のサイバー脅威の1つになっている。この犯罪ビジネスモデルは、感染した組織の業務に甚大な被害をもたらすだけでなく、サイバー犯罪者にとって極めて効果的に利益を生み出すこ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
モノから収集・蓄積したデータを「見るだけ」で終わらせないIoT活用ポイント
 企業がIoTに取り組む理由で上位を占めるのが「製品・サービスの付加価値を向上したい」「ビジネスモデルを変えたい」との声だ。また「データ分析のノウハウがない」「セキュリティ面が不安」「技術者が不足している」といった技術面の課題も多く見られる。具体的、技術...(2016/10/11 提供:ウイングアーク1st株式会社)

技術文書
Windows 10移行戦略ガイド
 Windows 10の登場によって、Microsoftのビジネスモデルと企業のデスクトップ戦略は大きく変わった。企業はこの新しいOSにどうアプローチするべきなのか? Windows 10時代のデスクトップ戦略、管理方法、そしてユーザー用アプリケーションの展開方法を大きく変える企業...(2017/2/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?
 これまでは「ラック貸し」「場所貸し」のイメージがあったデータセンターだが、近年は、そのビジネスモデルの変革が大きく進んでいる。クラウドサービスのように「使いたいとき、使いたい分だけ」利用できる次世代データセンターも登場し、大きく注目されている。 この...(2017/1/31 提供:SCSK株式会社)

技術文書
基礎解説:デジタルビジネスの成功に不可欠な「API公開」のポイントとは?
 あらゆる業種の企業で、モバイル、IoT、Fintechなどの新しいテクノロジーの活用により、人・デバイス・企業を結び付け価値創造するデジタルビジネスへの取り組みが始まっている。このビジネスモデルで欠かせない技術の1つとして脚光を浴びているのが「API」だ。 企業は...(2016/12/21 提供:株式会社オージス総研)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
5つの「アジャイルデータセンター」活用例が示す、停滞したIT環境の変革手法
 クラウド、スマートデバイス、仮想化、ビッグデータといった新しいテクノロジーは、新しいビジネスチャンスの実現に直結している。例えば、モバイルでのサービス提供、あるいは1人ひとりに合わせた製品提供やサプライチェーン最適化のための分析などにこうしたテクノロ...(2015/2/25 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
重量級の半導体開発ツールもさくさく動くクラウドサービスとは
 製造業における設計データはビジネス上の機密情報であり、データ量も非常に大きいため、それを扱うシステム基盤には高度なセキュリティや十分なパフォーマンスが必要となる。また国際的な競争力のためにはコストを抑えることも求められ、データガバナンスの観点からはデ...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

Webキャスト
5つの技術課題と4つのデータ活用が焦点、IoT導入の近道
 テレメタリング、ユビキタス、M2Mなどを経て、次世代サービスの中核を担うと注目されている「Internet of Things(IoT)」。さまざまなモノからデータを収集し、遠隔で制御するだけでなく、高度な分析で新たな価値を生み出せる。しかしまだ国内企業の半数は検討以前の段...(2016/11/30 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
IoT時代を勝ち抜く 製造業のノウハウを結集したIT基盤の実現方法とは?
 日本の製造業の70%が海外進出を果たしている今日、グル―バルにおける経営実態の把握が課題となっている。製造業においてはERPパッケージを活用し、業務シナリオをベースに業務の標準化を図り、グローバルテンプレートとして海外拠点へと展開することが求められる。 I...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
第4次産業革命の本質とは何か? 成果を得るにはまず「設計と製造の壁」を破れ
 IoT の真価は、モノにデータの取得機能と通信機能を持たせることで、モノからの情報と人からの情報を組み合わせ、一元的な情報とし、従来は得られなかった知見を得られる仕組みにある。日系製造業でもこうした動きに対し、積極的に取り入れようという動きが広がっている...(2017/3/21 提供:東洋ビジネスエンジニアリング株式会社)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Webキャスト
APIによる基幹データの公開はどのように「キラーアプリ」を生み出すのか?
 複数の企業が互いの基幹データを連携させることができれば、さまざまな手続きやプロセスを要するサービスや製品の販売を、異業種企業でもワンストップで行うことができるようになる。こうした仕組みを素早く構築・運用できるようにするのが、APIの役割だ。 例えば、自...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
費用対効果に優れたキャンペーンを実現、デジタルコンテンツが「顧客」と「利益」を呼ぶ
 販売の促進などを目的としたキャンペーンで顧客の参加を促す手段として用いられる「デジタルインセンティブ」。モバイルとデジタルコンテンツ市場の発展により、景品やオマケとして配布するコンテンツの多様化が進んでいる。 1990年代にPCの壁紙やスクリーンセイバーな...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

技術文書
ハリウッドでも身代金被害 ランサムウェアの仕組みと対処方法を理解する
 2016年2月、ロサンゼルスのHollywood Presbyterian Medical Centerは、ランサムウェアでコンピュータネットワークを侵害し無効化したハッカーに、およそ1万7000ドルの身代金(ランサム)を支払った。2月5日に、従業員が病院のネットワークおよび電子医療記録システムに...(2016/12/7 提供:Intel Security)

レポート
個人間カーシェア「Anyca(エニカ)」が順調な滑り出し、次の一手は?
 「シェアリングエコノミー」のクルマ版、ディー・エヌ・エー(DeNA)の「Anyca(エニカ)」が注目を集めている。2015年9月のスタート時の登録車数約200台が、12月中旬には500台以上となるなど、勢いは増す一方だ。週末にしか車を利用しない人も多い中、「収入が入るので...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
IoTからクラウドまで広範囲に守る――「多層防御」構築の5つのポイント
 クラウド、仮想化、IoT、BYODなど、新たな技術や概念の登場とともに、企業のネットワーク環境は多様化・複雑化している。それに応じてセキュリティまで複雑化させては管理部門の負担が増すばかりだ。いま必要なのは、複雑さに付き合うのでなく、「シンプルさ」を実現す...(2017/3/13 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」
 海外出張でもスマートフォンの利用が普通になってきた。日本にいるときと同じようにメールやチャットを使ったコミュニケーション、そして、マップ検索やタクシー予約サービスの利用は不可欠となっている。 それに伴い、海外におけるモバイルネットワークサービスの利用...(2017/3/21 提供:KDDI株式会社)

レポート
「インテル×HPE」から生まれる次世代ITインフラの姿とは?
 仮想サーバ環境や仮想デスクトップ環境の統合基盤として成熟を見せつつあるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。近年、急速に進化しているHCIの将来像をインテルとHewlett Packard Enterprise(HPE)のスペシャリストはどのように見ているのだろうか。 インテルは...(2017/3/21 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
Q&Aで読み解く、デジタルトランスフォーメーションの始め方
 ビジネスとITの融合により、イノベーションを起こすデジタルトランスフォーメーション(DX)が本格化している。ITインフラの俊敏性がビジネスの俊敏性に大きく影響するため、これまで以上にITインフラの在り方が重要になっている。 DXには、いわゆる「第3のプラットフ...(2017/3/21 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

レポート
“簡単に攻撃できる企業”と思わせないために今すぐやるべき11のリスト
 テレビや新聞など幅広いメディアで報道される、サイバー攻撃による情報漏えい事件。その知名度や規模から、有名企業や大企業の事件の報道が目立ちがちだ。だが攻撃者の魔の手は企業規模を問わず、あらゆる企業に及んでいる。 Symantecの調査によると、個人情報の流出が...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
製造業が直面する生産管理システムの限界、中堅・中小企業はどう対応すべきか?
 中堅・中小規模の製造業における生産管理のシステム化は、1980年代のオフコン登場以来、現場の細かい要望に応える形で進められてきた。そこには、さまざまな工夫や苦労があり、多額の費用も投じられてきたことから、現在も自社のニーズに特化されたオフコンを使い続けて...(2017/3/8 提供:株式会社日立システムズ)

プレミアムコンテンツ
3D設計業務の未来を見据えた戦略とビジョン
 「CREATE THE NEW, THE NEXT, THE NEVER BEFORE.」をテーマに、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された3次元設計ソリューション「SOLIDWORKS」の年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2017」(会期:米国時間2017年2月5〜8日)。 同イベントで、SOLIDWORKSの...(2017/3/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
変更管理工数を7000時間削減──JTB情報システムのITサービス管理ツール活用法
 システム運用にカスタマイズは付き物だが、現場のリクエストに応えるのはIT部門にとってかなりの負担だ。JTBグループ全体のITを担うJTB情報システムでは、年3500件ものカスタマイズ案件があり、中には対応しきれないケースも出るなど、その負荷が課題となっていた。 そ...(2017/3/7 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
Web API連携でビジネスはどう変わる? デジタルプラットフォームの変化を読む
 システム開発において、外部アプリケーションとの連携を容易にするWeb API技術を活用するケースが増えている。Web APIを通じて第三者にデータを利用してもらうことは、システムの発想の幅を広げ、商品の市場投入スピードを速めることにもつながる。 例えば、米国の保険...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

製品資料
“顔の見えない顧客”も捉える、次世代マーケティングで顧客体験はどう変わる?
 スマートフォンの急速な普及を始め、消費者がWebサイトやアプリケーションを活用して情報収集をする現在、顧客が望む情報やサービスを最適なタイミングで届けることが、CX(カスタマーエクスペリエンス)最大化の近道だ。しかし、顧客とのタッチポイントが多様化する中...(2017/3/3 提供:富士通株式会社)

Loading