TechTargetジャパン

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
モノから収集・蓄積したデータを「見るだけ」で終わらせないIoT活用ポイント
 企業がIoTに取り組む理由で上位を占めるのが「製品・サービスの付加価値を向上したい」「ビジネスモデルを変えたい」との声だ。また「データ分析のノウハウがない」「セキュリティ面が不安」「技術者が不足している」といった技術面の課題も多く見られる。具体的、技術...(2016/10/11 提供:ウイングアーク1st株式会社)

事例
次世代のデータセンター、その革新的なサービスとNFV製品選定のポイントとは?
 これまでは「ラック貸し」「場所貸し」のイメージがあったデータセンターだが、近年は、そのビジネスモデルの変革が大きく進んでいる。クラウドサービスのように「使いたいとき、使いたい分だけ」利用できる次世代データセンターも登場し、大きく注目されている。 この...(2017/1/31 提供:SCSK株式会社)

技術文書
基礎解説:デジタルビジネスの成功に不可欠な「API公開」のポイントとは?
 あらゆる業種の企業で、モバイル、IoT、Fintechなどの新しいテクノロジーの活用により、人・デバイス・企業を結び付け価値創造するデジタルビジネスへの取り組みが始まっている。このビジネスモデルで欠かせない技術の1つとして脚光を浴びているのが「API」だ。 企業は...(2016/12/21 提供:株式会社オージス総研)

レポート
危機に直面するIoT――変革はいつ、どのように訪れるのか?
 ジェットエンジンの監視、自動化されたスマートメーター、リモートでの健康管理などの分野でIoTは普及しつつある。しかし、その他の多くの領域においてはまだ需要の出足は鈍く、経営者や専門家の間でIoTの危機が取り沙汰されている。 ネットワーク化されているスマート...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
5つの「アジャイルデータセンター」活用例が示す、停滞したIT環境の変革手法
 クラウド、スマートデバイス、仮想化、ビッグデータといった新しいテクノロジーは、新しいビジネスチャンスの実現に直結している。例えば、モバイルでのサービス提供、あるいは1人ひとりに合わせた製品提供やサプライチェーン最適化のための分析などにこうしたテクノロ...(2015/2/25 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「Excelで何とかなる」は大間違い、製造業にありがちな情報システム連携の課題
 多くの製造業は、新興国に生産拠点を設けることで一定の成果を得てきた。しかし、新興国の急激な経済成長に伴い、現地の顧客ニーズの多様化、製造品目の多様化、製造工程の複雑化、現地人件費の上昇などを背景に、そのビジネスモデルは崩れ始めている。 こうした状況か...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
重量級の半導体開発ツールもさくさく動くクラウドサービスとは
 製造業における設計データはビジネス上の機密情報であり、データ量も非常に大きいため、それを扱うシステム基盤には高度なセキュリティや十分なパフォーマンスが必要となる。また国際的な競争力のためにはコストを抑えることも求められ、データガバナンスの観点からはデ...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

Webキャスト
5つの技術課題と4つのデータ活用が焦点、IoT導入の近道
 テレメタリング、ユビキタス、M2Mなどを経て、次世代サービスの中核を担うと注目されている「Internet of Things(IoT)」。さまざまなモノからデータを収集し、遠隔で制御するだけでなく、高度な分析で新たな価値を生み出せる。しかしまだ国内企業の半数は検討以前の段...(2016/11/30 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
IoT時代を勝ち抜く 製造業のノウハウを結集したIT基盤の実現方法とは?
 日本の製造業の70%が海外進出を果たしている今日、グル―バルにおける経営実態の把握が課題となっている。製造業においてはERPパッケージを活用し、業務シナリオをベースに業務の標準化を図り、グローバルテンプレートとして海外拠点へと展開することが求められる。 I...(2016/6/30 提供:株式会社IIJグローバルソリューションズ)

レポート
クラウドメインで成長率2倍 “第3のプラットフォーム”が握るチャンス
 世界的なパブリックITクラウドサービス(SaaS、PaaS、IaaSなど)の収益は、2019年までに1412億ドルへ達するとIDCは予測している。これはIT支出全体の増加率に対して6倍近い。大多数のCIOがクラウドファースト戦略に進み、その市場は2020年までに5000億ドル規模に広がる...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Webキャスト
APIによる基幹データの公開はどのように「キラーアプリ」を生み出すのか?
 複数の企業が互いの基幹データを連携させることができれば、さまざまな手続きやプロセスを要するサービスや製品の販売を、異業種企業でもワンストップで行うことができるようになる。こうした仕組みを素早く構築・運用できるようにするのが、APIの役割だ。 例えば、自...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
費用対効果に優れたキャンペーンを実現、デジタルコンテンツが「顧客」と「利益」を呼ぶ
 販売の促進などを目的としたキャンペーンで顧客の参加を促す手段として用いられる「デジタルインセンティブ」。モバイルとデジタルコンテンツ市場の発展により、景品やオマケとして配布するコンテンツの多様化が進んでいる。 1990年代にPCの壁紙やスクリーンセイバーな...(2016/8/29 提供:KDDI株式会社)

技術文書
ハリウッドでも身代金被害 ランサムウェアの仕組みと対処方法を理解する
 2016年2月、ロサンゼルスのHollywood Presbyterian Medical Centerは、ランサムウェアでコンピュータネットワークを侵害し無効化したハッカーに、およそ1万7000ドルの身代金(ランサム)を支払った。2月5日に、従業員が病院のネットワークおよび電子医療記録システムに...(2016/12/7 提供:Intel Security)

レポート
個人間カーシェア「Anyca(エニカ)」が順調な滑り出し、次の一手は?
 「シェアリングエコノミー」のクルマ版、ディー・エヌ・エー(DeNA)の「Anyca(エニカ)」が注目を集めている。2015年9月のスタート時の登録車数約200台が、12月中旬には500台以上となるなど、勢いは増す一方だ。週末にしか車を利用しない人も多い中、「収入が入るので...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
IoTからクラウドまで広範囲に守る――「多層防御」構築の5つのポイント
 クラウド、仮想化、IoT、BYODなど、新たな技術や概念の登場とともに、企業のネットワーク環境は多様化・複雑化している。それに応じてセキュリティまで複雑化させては管理部門の負担が増すばかりだ。いま必要なのは、複雑さに付き合うのでなく、「シンプルさ」を実現す...(2017/2/15 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢
 分析技術の著しい進化は、データの利用価値を一変させた。分析可能な範囲が広がったことで、非構造化データを含む多種多様なデータが収集対象となり、多くの企業が競ってデータを蓄積するようになっている。その結果、ITインフラの主流となり始めたのが「データレイク」...(2017/2/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Predixの事例に学ぶ、日本企業のためのオープンイノベーション入門
 日本ではバズワードとして次々と消費され忘れ去られていった概念が世界ではきちんと積み上げられ、新しい競争モデル作りに活用されている。今回取り扱うのは、これらのうち「ビジネスエコシステム」「オープンイノベーション」など多くの人にとって聞き覚えのある概念だ...(2016/12/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
繰り返し可能な業務は必ず存在する、クラウドの成功は長期視点で最適化から
 ITソリューションプロバイダーが避けては通れないクラウドへの移行。先行コストが売上高を減少させてしまう点は課題となりやすい。しかしIDCの調査によれば、クラウド事業を継続している時間に比例して、粗利益や収益の伸びは大幅に改善されていくことが多いという。 ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
製造業向けエグゼクティブ セミナー レポート IoT時代のサービス改革 〜顧客満足度向上と収益拡大に向けて〜
PTC ジャパンは製造業におけるサービス変革、顧客満足度に関心のある役員、経営者層の方々を対象に『製造業向けエグゼクティブ セミナー IoT 時代におけるサービスの変革』を開催した。本セミナーでは、すでにサービス事業の変革に積極的に取り組んでいる国内外の先進的な...(2016/12/22 提供:PTC ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月20日号:Windowsから脱却するときが来た?
 Computer Weekly日本語版 5月20日号は、以下の記事で構成されています。■ムーアの法則から50年──新ビジネスモデルを模索するIntel 「ムーアの法則」が発表されてから50年。デスクトップ市場は縮小し、サーバ市場も先細りは確実。Intelはビジネスモデルの転換を迫ら...(2015/5/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Computer Weekly日本語版 6月26日号:CIOが語るロータスF1チームのIT戦略
 Computer Weekly日本語版 6月26日号は、以下の記事で構成されています。■ロータスF1チーム ハックランドCIOが語るF1とIT あらゆる分野でITを駆使するF1チーム。そのシステムや思想をインタビューする。■英住宅金融組合の10億ポンドのIT投資は顧客拡大につながるか?...(2017/2/10 提供:東日本電信電話株式会社)

レポート
今のマーケティング施策に足りないものは何か?――データ分析で顧客を理解する
 B2C 企業で先行してきたデジタルマーケティングの波が、B2B企業にも広がり始めた。中でも注目されている手法が「MA(Marketing Automation)」だ。企業担当者の行動履歴から有力な見込み客を可視化し、最適なタイミングで情報発信を行ったり、表示コンテンツを顧客ごと...(2017/2/9 提供:富士通株式会社)

事例
トヨタIT開発センターのワークフロー刷新――わずか半年で経理業務を電子化
 トヨタの先進技術を担う「トヨタIT開発センター」。先端技術の探索や研究のため多くの研究者が国内外を飛び回る一方で、経理業務の煩雑化が課題になっていた。そこで、同社が導入したのが、Webを通じて稟議(りんぎ)や経費精算など多岐にわたる現場の業務を効率化する...(2017/2/1 提供:株式会社NTTデータビジネスシステムズ)

レポート
2つのキーワードが事業を変える 成功企業のインタビューが示した道筋
 クラウドサービスで成功している企業へのインタービューで明らかになったことの1つが「テクノロジーや事業の特化」だとIDCは報告している。その分野は製造業や銀行業などの業種、会計や人事、マーケティング業務、あるいはシステム管理やERPなど多岐にわたり、特化を進...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
データで分かる「失敗しない開発会社の選び方」――開発会社への不満第1位は……?
 「成果物のクオリティーが低い」「納期に間に合わなかった」「工数が想像以上に膨らんだ」……。今も昔も、ITシステム開発やソフトウェア開発の依頼に関する実務担当者の悩みは尽きない。そこで@ITでは、日本企業が直面するシステム開発、アプリケーション開発の現状を...(2017/1/18 提供:発注ナビ株式会社)

プレミアムコンテンツ
攻撃も多様化するIoT 時代のセキュリティ実装、製造側は何をガイドラインとすべきか
 組込みシステム技術協会(JASA)主催の組み込み技術とIo技術の総合展「Embedded Technology 2016/IoT Technology 2016」(ET 2016)の特別講演に、慶應義塾大学 環境情報学部 教授の徳田英幸氏が登壇した。 攻撃手段の多彩が明らかになるにつれて盛んに語られるように...(2017/1/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
3Dプリンタ製品導入戦略ガイド
 3Dプリンティング技術が成熟期を迎えている。本稿ではエンタープライズから中堅・中小企業に至るまで、3Dプリンタが業界をどうかき乱すかを予想し、次はどう展開するのか、CIOはどうすればイノベーションの波を活用してビジネスを成功に導く存在になれるのかを検証する...(2016/12/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係
 クラウドサービスはもはやスタンダードである。企業の80%がクラウドを導入し、「関心がない」という回答は8%にとどまった、というIDCの調査報告がこれを裏付けている。目新しさの時期は過ぎ、高い価値を実際に生み出すタイミングに来ている。 ITソリューションプロバ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading