TechTargetジャパン

レポート
オピニオン SPARCの凋落  (CLABBY ANALYTICS)
アメリカの調査会社であるCLABBY ANALYTICSが、Oracleに買収されたSPARCプロセッサーの将来性についてまとめたオピニオンのホワイトペーパー。3年以内にSPARCアーキテクチャの終息が告げられるとみていること、開発のロードマップが不明瞭でSunユーザーからも受け入れられ...(2011/5/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月18日号:eBayとスターバックスのビッグデータ戦略
 Computer Weekly日本語版 6月18日号は、以下の記事で構成されています。■仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ ベンダーのセールストークを真っ向否定する論客として知られるトイゴ氏が、今回もベンダーを痛烈に批判しつつ災害復旧のあるべき姿...(2014/6/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
マルチベンダー環境の保守コストを抑える秘訣――EOSL延長で継続利用するために
 複数ベンダーによるITシステムでは、機器ごとに保守サービスを受けるため、一部の機器の保守契約終了が全体的な保守コストを押し上げてしまうこともある。契約終了後に保守継続を断られたり、高額な保守費用を請求されたりして、保守契約なしのスポット修理で運用を続け...(2016/4/13 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
ITインフラコストを最大24%削減、統合運用管理サービスの実力を探る
 ITインフラストラクチャの規模が拡大する一方で、複雑化したシステムの運用管理に割くIT部門のスキル、リソース不足が問題となっている。アジャイルな開発環境が整っても、運用がシステム別、インフラ別でバラバラとなっていては、効率やスピード、品質は改善されず、 ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
AWSのロードバランサーELBとBYOLの仮想ADCを比較、柔軟で堅牢なWebシステムを構築するには?
 企業のシステムインフラの構築において、今やAWSは当然の選択肢となっている。しかし、AWS上にシステムを構築して負荷分散を行う場合、AWS提供のELBだけでは機能要件の制約に悩むことも多い。 本ホワイトペーパーは、そういった機能要件の制約を解決するソフトウェアベ...(2015/11/16 提供:SCSK株式会社)

事例
事例:メーカー保守切れ対策とコスト削減に「マルチベンダー保守」という選択
 マルチベンダー環境における運用保守の効率化は、多くの企業が抱える課題である。メーカーのサポート終了後の保守や、次のシステム導入までの短期の保守契約延長といった期間上の課題、地方拠点の対応に時間がかかる、深夜の対応ができないといったサービスレベルの均一...(2015/11/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
リクルートマネジメントソリューションズが顧客向け帳票の表現力と安定性を向上するまでの経緯
 帳票には常に2つのニーズが存在する。1つは、グラフやチャートを組み入れるなどのさまざまな表現力に関するニーズ。そしてもう1つは、正確で速く安定した出力能力だ。今やPDFに出力すると同時に紙媒体へ印刷することは常識化しており、印刷においてはセンターや拠点でバ...(2015/9/25 提供:インフォテック株式会社)

事例
プライベートクラウドで帳票基盤を構築、強固な安全性の請求書発行システムを実現したアサヒグループの工夫
 帳票は顧客向けに発行されることが多く、それだけに帳票システムで不具合が発生すると、すぐさまビジネスに悪影響を及ぼすことになる。場合によっては業務全体がストップしてしまう懸念もあり、細心の注意が必要だ。こうした点を背景に、請求書発行などを伴う従来の帳票...(2015/9/25 提供:インフォテック株式会社)

レポート
TCOを81%削減、配属人員は66%削減、複数の仮想化技術の比較分析レポート
 巨大化、複雑化する企業のITシステムの課題を解決し、効率的なIT部門を実現する上で、仮想化技術は重要な要素の1つだ。ツールの進化などによるITシステムやリソースの管理にかかるスタッフの作業時間の削減、サーバやプラットフォーム全体のリソース管理の効率化、信頼...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「第3のプラットフォーム」に対応するためのシステム改革の要点とは?
 ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルテクノロジーが新しいプラットフォームとして台頭してきた。IDCはこれを「第3のプラットフォーム」と呼び、コンピューティングとビジネスの在り方を根本的に変革すると予測する。 業務や顧客接点におい...(2015/4/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
Oracle Exadata導入事例 2015――全てのデータベース処理に驚異的な性能でビジネスを革新
<こんなことを実現したい人にオススメ!>・データベース統合によるITコストの削減・アプリケーションの劇的なパフォーマンス・リアルタイム分析やデータベースクラウド(DBaaS)実現によるビジネス革新 Oracle Exadata Database Machineは、オンライントランザクション...(2015/4/6 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
サーバ/サーバOSの信頼性調査が示す“最大限のアップタイムを実現する9つの方法”
 1990年代半ばは、サーバあたりのダウンタイム約88時間に相当する、アップタイム99%でも許容範囲だった。だが、ネットワークへの常時接続が当たり前となった今日では、99.9%の可用性でも許されない。企業だけでなく、エンドユーザー、顧客、取引先まで、いつどこからで...(2014/9/19 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月18日号:eBayとスターバックスのビッグデータ戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月18日号は、以下の記事で構成されています。■仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ■OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?■処理しきれないデータに苦悩するeBayが編み出したビッグデー...(2014/6/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月18日号:eBayとスターバックスのビッグデータ戦略(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月18日号は、以下の記事で構成されています。■仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ■OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?■処理しきれないデータに苦悩するeBayが編み出したビッグデー...(2014/6/18 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
サイバーエージェントが選んだネットワーク基盤、納得の選定理由とは?
 サイバーエージェントが運営するサービス「Ameba」は、2014年に会員数が4000万人を超えるなど国内最大規模の事業を展開している。同社のITインフラは「内製」を基本として、サービスの規模に合わせてデータセンターやその管理方法を進化させてきた。 2013年、サイバー...(2015/2/3 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月6日号:RAIDはもういらない
 Computer Weekly日本語版 8月6日号は、以下の記事で構成されています。■弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク ウェアラブル技術は新たなプライバシー問題を引き起こすと業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのよう...(2014/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
クラウドストレージ製品導入戦略ガイド
 イントラネットのファイルサーバに対して、どこからでもアクセスできる点が魅力のクラウドストレージ。これをファイル共有やコラボレーションツールとして活用する企業が増えている。 セキュリティリスクを回避しつつ、クラウドストレージの柔軟性を享受するにはどうす...(2014/7/23 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
メールサーバの不正アクセス元、実は社内だった──を防ぐには?
 メールサーバへの不正アクセスと聞くと社外からの侵入を想像するが、実は組織内部においても発生しているのが実情だ。システム管理者権限を用いた常駐作業員によるものや、ある程度のIT知識を持つ社員によって同僚のアカウント内情報を盗み見していた、など同じサイト内...(2014/7/22 提供:ディープソフト株式会社)

製品資料
パスワード漏えいでスパム配信の“踏み台”にならないための防衛策
 標的型攻撃やフィッシング詐欺など、パスワード漏えい事件が多発しており、メールサーバも例外ではない。その結果、外部、特に海外のIPからのメールアカウントへの不正アクセスにより、スパムの発信元として利用され、知らないうちに自分のMTA(Mail Transfer Agent)が...(2014/7/22 提供:ディープソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月16日号:Windows 8をめぐる中国 vs. Microsoft
 Computer Weekly日本語版 7月16日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 8をめぐるMicrosoftと中国の戦いは泥沼に突入 「MicrosoftがWindows 8を使って中国人の個人情報を収集している」とする中国に、Microsoftが反論。真っ向から衝突する両者の主張に落と...(2014/7/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly CIOとIT部門はもういらない?
 IT部門やCIOは今、役割の見直しを迫られている。IT部門やCIOが経営層や事業部門から求められているものは何か? IT部門やCIOの変化を促す4つの記事を集めた。・ITのアウトソース化で揺らぐ企業内IT担当者の存在価値・CIOとその未来──現職のCIOは役に立たなくなる?・...(2014/7/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月2日号:クラウドの専門家による4つの警告
 Computer Weekly日本語版 7月2日号は、以下の記事で構成されています。■今、企業がオブジェクトストレージに注目すべき理由 非構造型データの増大、従来型ストレージアーキテクチャの限界など、昨今のデータアクセスニーズの変化がオブジェクトストレージへの関心を...(2014/7/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
仮想化、クラウド、マルチテナントなど新テクノロジーのニーズを満たすサーバ選択の鍵
 近年、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、モバイル、ソーシャルテクノロジーなど新たなテクノロジーの登場で、コンピューティングとビジネスの在り方が根本的に変わった。これら新テクノロジーの活用に取り組まない企業は取り残される恐れがある。 だが、新た...(2014/6/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
コンテキスト認識型セキュリティ製品導入戦略ガイド
 今、セキュリティ対策はアプローチを変えるべき時を迎えている。そこで注目されているのが、「コンテキスト認識型セキュリティ技術」だ。例えば、誰が、いつ、どこから、どのような手段でアクセスしてきたのか。これらを総合的に判断して防御を実施する。本製品ガイドで...(2014/6/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
徹底検証:データベースのBCP/DR対策
 東日本大震災以降、事業継続計画(BCP)、災害対策(DR)は重要な関心事となっている。BCP/DRを実施する際、考慮すべきは「最も停止してはならない業務は何か」だ。多くの企業において、重要システム(データ)アクセス不能が事業継続障害となり、ビジネス損失に直結す...(2014/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
データベース統合・仮想化でTCO削減は可能か
 IT投資額は現状維持の企業が半数とITを取り巻くビジネス状況は、いまだ厳しくその投資額の7割以上を運用費が占めているのが現実だ。戦略的な情報投資を行うには運用費を抑えつつ、効果的なIT基盤の統合・再構築が必要となる。すでにサーバ仮想化は普及しつつあるが、デ...(2014/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

技術文書
「HP-UX」から「Red Hat Enterprise Linux」への移行計画ガイド
 利用中のITシステムについて、1社のベンダーに過度に依存する危険をおかしていないだろうか? 経済情勢が不安定さを増し、合併や買収でベンダー集約が広がる中、ユーザー企業からはベンダーによる束縛を懸念する声がかつてなく多く聞かれるようになった。1社のベンダー...(2014/1/15 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
いますぐ開発できる!?組み込みデバイス向けJavaツールとは
 数万のエンジニアによって10年以上開発投資されたJava製品、Java言語、API、仮想マシンは、多種の垂直ソリューションで広くテストされ、展開されている。たとえば、ヘルスケア、産業機器、M2M、ワイヤレスモジュール、スマートメーターなど、幅広い分野で活用されている...(2013/8/6 提供:日本オラクル株式会社)

Loading