日立ソフトがIAM「SRシリーズ」を強化 ID管理の監査機能に対応NEWS

日立ソフトはIT統合管理製品を強化。一時ユーザーIDのWeb申請や、IDの管理情報を監査用ログとして取得できる機能などを追加した。

2009年03月30日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは3月27日、ID統合管理製品群「SRシリーズ」の機能を強化したと発表した。ID・アクセス管理(IAM)においてアカウントの一時利用者のID申請を容易にしたほか、シングルサインオン(SSO)機能のWindows認証連携などをサポートした。

 SRシリーズには、複数のシステム間でIDやアクセス権を一元管理するIAMソフトのSR-Account」、Webアプリケーション間のSSOを実現する「SRGate」、特権IDを管理するための「SR-AdminSupport」などが含まれる。

画像 SR-Accountの強化概要

 SR-Accountでは今回、契約社員やパート、一時入館者などの人事マスターに登録されていないIDのWebインタフェースでの申請方法をサポート。部門管理者以外の、ユーザー自身によるID申請・管理が可能になった。加えて、IDの申請や認証にかかわる管理ログを記録し、監査時に証跡として活用できるようにした。内部統制対応強化について、ユーザーの要望に応える形で実現したという。

 同時に、SRGate、SR-AdminSupportについても新機能を追加。SRGateではActive Directory環境におけるWindowsログオン認証と連携させることで、Windowsクライアントから一度ログオン認証すれば、そのまま複数のWebアプリケーションが利用できるようになる。またSR-AdminSupportでは特権IDの管理対象にLinux/UNIX系OSを追加した。追加したOSはRed Hat Enterprise Linux 4/5(x86)、Solaris 9/10(SPARC)、HP-UX 11i v2/v3(IPF)、AIX 5.3/6.1。

 SRシリーズの価格は、監査機能を含むフル機能に対応するSR-Account Enterprise Edition(500ID利用時)が714万円から、SRGateが1サーバ当たり315万円から。SR-AdminSupportが管理ソフトで1サーバ当たり157万5000円、エージェントソフトで1サーバ当たり14万1750円など。


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。