2008年04月04日 19時00分 公開
ニュース

ネットワールドがSolaris/SPARCアプリをIA環境に移行できるソリューションを販売NEWS

Solaris/SPARCアプリケーションに変更を加えずにIAベースのシステムに移行させる米Transitiveのエミュレータソフトの国内販売を開始した。

[TechTargetジャパン]

 ネットワールドは4月4日、米TransitiveのSolaris 10用「QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64」の発表を受け、同製品の国内提供を開始した。

 「QuickTransit」はSolaris/SPARCのアプリケーションをソースコードやバイナリの変更なしにLinux/インテル Xeon プロセッサのサーバ上でそのまま動作させることができるミドルウェア。

 QuickTransit for Solaris/SPARC-to-Solaris/x86-64は、Solaris/SPARC上のアプリケーションを一切変更せずにx64/x86ベースのSolaris上で稼働させるエミュレータソフト。オープンソースのSolaris用アプリケーションにも対応しており、x64/x86ベースシステムへ移行した従来のアプリケーションにOpenSolaris用アプリケーションを追加することが可能だ。ISV各社、オープンソース開発者、および社内開発部門が開発した幅広い分野のSolaris/SPARCベースのアプリケーション資産をIAシステムに引き継ぐことができる。

 QuickTransitには、デスクトップおよびラップトップPCユーザー向けの「QuickTransit Workstation」、大規模データセンターのサーバ統合プロジェクト向けの「QuickTransit Server」、サポートが終了したOSが稼働しているレガシーハードウェアからアプリケーションを移植するための特別バージョン「QuickTransit Legacy」の3種類の構成があるが、本製品はこれらすべての構成に対応している。

関連ホワイトペーパー

Solaris | SPARC | x86 | オープンソース | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news092.jpg

営業デジタル化の始め方(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news086.jpg

「RED」「Bilibili」「Douyin」他 中国の主要SNSプラットフォームの特徴まとめ
トレンド変化の大きい中国においてマーケティングを成功させるためには、主要SNSプラット...

news162.jpg

コロナ禍における「ご自愛消費」の現状――スナックミー調査
「ご自愛消費」として最も多いのは「スイーツやおやつ」で全体の68%。その他、ランチ38...