2013年04月12日 08時00分 公開
特集/連載

組み込みOSをさまざまなハードで実行、エミュレーションツールとは?代表的ツールを紹介

デスクトップ仮想化の主な使い方の1つは、1台のマシンで複数のOSを実行することだ。だが、組み込みOSの場合、サポートされていないハードウェアで実行するにはハードウェアエミュレーションツールが必要になる。

[Serdar Yegulalp,TechTarget]

 デスクトップ仮想化を利用すれば、PCで実際に実行されているOS以外のOSも動かすことができ、そのおかげでデュアルブートの必要性が減る。デスクトップ仮想化では、2つ目のOSがサンドボックスの中で動作し、システム内の他の領域に影響しない仕組みが用意されているからだ。

 デスクトップでめったに使われないOS、すなわち、デスクトップ用プロセッサとは全く異なるプロセッサタイプ用に作成されているOSを試すことがあるかもしれない。こうしたOSは“組み込みOS”と呼ばれる。扱う上では、デスクトップOSとは異なる注意が必要だ。

組み込みOSとは

 組み込みOSは、専用のハードウェア環境あるいは対話的な利用が想定されていないシステムで動作するように開発されたOSを指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...