TechTargetジャパン

技術文書
ARMマイコン採用で開発現場が変わる!素早く環境を移行するポイント解説
スマートフォンやタブレット等モバイル機器用のプロセッサだと思っていたのに、超低価格コントローラや小さなセンサーからサーバーにまで採用され、私たちはいつの間にかARMに囲まれた生活をしています。今後予想されるIoT(モノのインターネット)の時代に、ネットワーク...(2017/3/6 提供:株式会社DTSインサイト)

プレミアムコンテンツ
孫正義が3兆円で買収した「ARM」、その強さの源泉と未来予想図
 2016年夏にソフトバンクが3兆円で買収したARM。「ARMはソフトバンクグループの中核中の中核になる」「シンギュラリティ(技術的特異点)を達成するために必要だった」とまでほれ込まれた企業であり、ARMが扱う「CPUの設計図」である「ARMコア」はスマートフォンに限らず...(2017/8/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「ARMv8-M」が目指す「セキュアMCU」、その定義と実装
「ARMv8-M」は2015年に発表されたARMのMCUアーキテクチャであり、翌年の2016年にはこのアーキテクチャを実装したプロセッサコア「Cortex-M23」「Cortex-M33」を発表している。IoTの普及に伴いMCUのセキュリティを高める必要性が生じており、この流れそのものについては賛...(2017/9/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論 かつては、WindowsのバージョンアップがPCの買い替え需要を支えてきた。しかし、Windows 10にはPC業界を長期的に成長させる力はなさそうだ...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「組み込みLinux」開発の基礎
 組み込み機器へ搭載されているLinuxを一般的に「組み込みLinux」と呼び、従来のPCなどで稼働させているLinuxとは区別した表現が使われています。ただし、Linuxと組み込みLinuxに明確な違いがないのも事実で、ある程度環境が整った状態であれば、特に意識せずとも組み込...(2017/4/4 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モンタビスタの最新Linux −キャリアグレード・エクスプレス (CGX)
 業界標準であるYoctoの利用によりユーザーは、既存のコードとの互換性を保ちつつ、MontaVista Linux CGXに移行が可能である。 CGXでは主要な組込み向けSoCであるARM、x86、MIPS、PowerPCのアーキテクチャーをサポートするが、近年の組込み開発ではARMの利用が加速して...(2016/11/1 提供:モンタビスタソフトウエアジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
音声認識デバイスを軽量実装する「冴えたやり方」
 IoTの普及はユーザーが接する機器の高機能化を招いた。通信機能が搭載されて液晶画面はタッチパネルとなり、音声認識の採用も珍しくはなくなっているが、従来のマイコンでは処理能力が足りないことも顕在化してきた。 東芝 ストレージ&デバイスソリューション社が投入...(2017/10/13 提供:東芝デバイス&ストレージ株式会社)

製品資料
産業ネットワーク最新動向!インダストリ4.0に向けIoTの新たな価値を創造する技術とは?
技術革新、産業革新、生産革新を軸に見たとき、産業分野の現在地はどこに位置しているのか?第4次産業革命時代の到来により、市場ではIoTによる新たな価値創造がはじまっている。 産業ネットワークとは、様々な工場設備や機器を繋ぐためのネットワークの総称だ。産業ネ...(2016/12/5 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
東芝の最新マイコン「TXZファミリー」データーシート【限定公開中】
 東芝の新マイコンファミリー「TXZファミリー」。その特長は、最先端技術を盛り込んだマイコンそのものにとどまらず、ユーザーの“やりたいこと”を具現化するためのソリューション/技術サポートでもこれまでのマイコンと一線を画す、ユーザー目線にこだわった新しいマイ...(2016/8/30 提供:株式会社東芝 ストレージ&デバイスソリューション社)

プレミアムコンテンツ
組み込み開発の視点で見る、「IoTと組み込みセキュリティ」その概念と実装
 「Internet of Things」(IoT)はすっかり時代を象徴する言葉となった。IoTはサービス化されたインフラやプラットフォームを組み合わせることで、小さな投資で大きな効果を得られる、いわば「美しい物語」の立役者であるが、ITやICTといった技術に強く依存するためイン...(2017/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
今あらためて確認する「Raspberry Pi」の性能と業務利用の可能性
 Raspberry Piは、どちらかというと「IoT」(モノのインターネット)というキーワードとともに組み込み開発系のベンダーやユーザー、そして、自分で構築するセンサーなどを組み込んだシステムのデバイス用として「趣味の自作ユーザー」を中心に話題となっていた。しかし...(2016/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

事例
デジタルツールによる「ものづくり」の革新
 ここ最近、社内で「ものづくり」に取り組まれている企業が規模の大小にかかわらず増えてきています。 背景には3DCADやモデリングマシンをはじめとするデジタルツールが普及し、これまで専門業者に外注していたことを自社内で対応できるようになり、内製化できるものが...(2017/5/25 提供:ローランド ディー.ジー.株式会社)

プレミアムコンテンツ
「MIPSの終わり」を告げるAppleの通告
 AppleのiPhoneやiPadなどのグラフィックスには長らく、Imagination TechnologiesのIP(Intellectual Property)が利用されてきた。しかし、2017年4月にAppleがImagination Technologiesに対してIPの利用中止を通達すると、経営悪化を懸念したImagination Technologiesは...(2017/9/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
中小企業こそ「顔の見える企業」になるべき、「感性に訴える電子部品」に取り組む挑戦
技術があればそれだけで戦える。自信がある企業であればあるほどその考えに陥りがちであるが、現実はそう甘くない。巨大企業がしのぎを削るエレクトロニクス業界であっても状況は同じであり、ARMはソフトバンクに買収されることで非上場化を選択し、ルネサスエレクトロニ...(2017/5/26 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月19日号:64ビットARMチップ アリか? ナシか?(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月19日号は、以下の記事で構成されています。■Windows 10リリースでも晴れないPC市場を覆う悲観論■あなたのDNSデータが教えてくれる3つの知見■クラウド移行を拒否するITスタッフを抱えたリーダーの奮戦記■米Yahoo!が目指すグリーンエネル...(2015/8/19 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
DDoS攻撃のリソースとして悪用されたIoT機器が引き起こす大規模攻撃の実態
 IoTデバイスが一体となってターゲットに攻撃を仕掛ける、300Gbps級のDDoS攻撃が一般化してきている。ボットネットマルウェアやリフレクションDDoSを仕掛ける踏み台として、安全性を十分に確保できていないIoTデバイスは格好の餌食となっている。 IoTデバイスの増加が続...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
IoTデバイスが加速させる300Gbps超の大規模DDoS攻撃の実態とは?
 全世界で普及が進んでいるIoTデバイスが、分散型サービス妨害(DDoS)攻撃のリソースになっているという。攻撃者は、マルウェアやリフレクションDDoSの踏み台として、セキュリティの脆弱(ぜいじゃく)なIoTデバイスを使っているのだ。 これにより、従来とは比べものに...(2017/9/1 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月6日号:乗るしかない この802.11ac Wave 2に
 Computer Weekly日本語版 9月6日号は、以下の記事で構成されています。■ネットワークの広帯域化にシリコンフォトニクスが有望な理由■Dockerに最適の超軽量ディストリビューション「Alpine Linux」■ハイパーコンバージド移行で1億3700万円のコスト削減と速度向上を実...(2017/9/6 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
半導体動向が明らかにした、スマートフォンとIoTハブの類似性
 IoT(モノのインターネット)は、実際のシステムが広く普及する前から急速な進化の時期に入っています。IoTアーキテクチャに対する初期の――率直に言って単純すぎる考え――は、データフローの解析やなぜIoTが本当に重要なのかという厳しい質問に基づく異なる考えに取...(2017/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
次世代データセンターのためのサーバ製品導入戦略ガイド
 データセンターに新たなトレンドが押し寄せようとしている。 コンパクトなコンテナに必要な機能を集約した「マイクロデータセンター」、小型のSoC チップを利用した「マイクロサーバ」、Xeon に取って変わろうとしているさまざまなプロセッサ。 本製品ガイドでは、デ...(2015/4/22 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
シノプシスDesignWare ARC HS38シリーズ
本稿は、シノプシス社がライセンス供与しているDesignWare ARC HS38シリーズCPUコアについて説明したものです。これらのコアは、32ビットRISCパフォーマンスを必要とする組込みアプリケーション向けに、面積と消費電力を最小限に抑えて同社が開発した最新のCPUです。本稿...(2015/3/9 提供:日本シノプシス合同会社)

技術文書
プログラミング不要、高効率モータ制御を簡単に実現する「iMOTION2.0」とは
 ロータ(回転子)に永久磁石を用い、ステータ(固定子)のコイルを3相ACで駆動するPMSMは、小型・軽量で効率が高いことから、幅広いモータアプリケーションで広く普及してきた。 最近では、位置検出センサを使わないセンサレス駆動と、駆動電流から最大トルクを生成で...(2017/8/1 提供:インフィニオン テクノロジーズ ジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
3次元切削加工機「MODELA MDX-50」を使ってみた
 ローランド ディー.ジー.の3次元切削加工機「MODELA MDX-50」は、2009年に発売された「MODELA MDX-40A」の上位機種として、2016年10月に販売を開始。MODELA MDX-40Aの切削能力はそのままに、生産性とワークフローの効率化を追求したスタンダードモデルである。 XYZ軸の...(2017/6/13 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
BLDCモーターのメリットと課題解決
小型軽量化が容易であり高効率であるため、ポンプや換気システム、ヘッドランプの光軸調整など、BLDCモーターの利用範囲は拡大しつつある。しかし、既存のブラシ付きDCモーター(BDCモーター)に比べてその制御は容易ではないと思われているフシがある。ここではBLDCモー...(2017/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

Loading