2021年09月16日 05時00分 公開
特集/連載

工業大学がCPU×GPUのスパコンを導入 なぜ「GPU」なのか?HPEが構築、AMDのCPUとGPUを搭載

スウェーデンの工業大学Royal Institute of Technologyでは、スーパーコンピュータの刷新が進んでいる。新しいスーパーコンピュータはCPUとGPUを積載するという。その理由とは。

[Caroline Donnelly,TechTarget]

関連キーワード

教育IT


 スウェーデンの国立研究機関Swedish National Infrastructure for Computing(SNIC)はHewlett Packard Enterprise(HPE)の協力を得て、スウェーデン王立工科大学(KTH:Royal Institute of Technology)のスーパーコンピュータを刷新している。KTHは同国有数の工業大学で、理工学研究にスーパーコンピュータを使用している。

 新たに導入したスーパーコンピュータの理論上の演算速度は、最大13.5P(ペタ)FLOPS(FLOPS:1秒当たりの浮動小数点演算回数)だ。このスーパーコンピュータは、学術研究者が演算を実行するために使用する大規模なCPU群と、処理負荷の高い作業をサポートするためのGPU(画像処理プロセッサ)群で構成される。SNICはこのスーパーコンピュータを、KTHのキャンパスにある学術研究向けHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)サービス提供組織PDC Center for High Performance Computingに設置する。

なぜ「GPU」なのか

ITmedia マーケティング新着記事

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...