工業大学がCPU×GPUのスパコンを導入 なぜ「GPU」なのか?HPEが構築、AMDのCPUとGPUを搭載

スウェーデンの工業大学Royal Institute of Technologyでは、スーパーコンピュータの刷新が進んでいる。新しいスーパーコンピュータはCPUとGPUを積載するという。その理由とは。

2021年09月16日 05時00分 公開
[Caroline DonnellyTechTarget]

関連キーワード

教育IT


 スウェーデンの国立研究機関Swedish National Infrastructure for Computing(SNIC)はHewlett Packard Enterprise(HPE)の協力を得て、スウェーデン王立工科大学(KTH:Royal Institute of Technology)のスーパーコンピュータを刷新している。KTHは同国有数の工業大学で、理工学研究にスーパーコンピュータを使用している。

 新たに導入したスーパーコンピュータの理論上の演算速度は、最大13.5P(ペタ)FLOPS(FLOPS:1秒当たりの浮動小数点演算回数)だ。このスーパーコンピュータは、学術研究者が演算を実行するために使用する大規模なCPU群と、処理負荷の高い作業をサポートするためのGPU(画像処理プロセッサ)群で構成される。SNICはこのスーパーコンピュータを、KTHのキャンパスにある学術研究向けHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)サービス提供組織PDC Center for High Performance Computingに設置する。

なぜ「GPU」なのか

ITmedia マーケティング新着記事

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...

news106.jpg

ナイキが新CMOの下で超大胆なブランドマーケティングを計画
2024年夏のパリ五輪は、ここ数年のNikeにとって最もインパクトのあるマーケティングショ...