コロナ禍が示した「教育IT」の可能性を“台無し”にしないためには?パンデミックで変わる湾岸諸国の教育【後編】

湾岸諸国の教員はパンデミックにおいて、ITが教育に果たす役割をいや応なしに実感することとなった。ただしITを導入しただけではメリットを享受できない。鍵は教員一人一人がどう考え、どう動くかだ。

2021年09月15日 05時00分 公開
[Alicia BullerTechTarget]

関連キーワード

教育IT


 中編「湾岸諸国でデジタル教育×対面教育の『ハイブリッド教育』が普及する理由」までの2回にわたり、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)が、これまでに湾岸諸国の教育に与えた影響を説明した。一方で長期的な影響は、まだ完全には明らかになっていない。少なくとも教育方法は今後、よりIT中心になり、従来の教育方法とさまざまな技術の融合が進むと考えられる。

コロナ禍が示した「教育IT」の可能性 生かすも殺すも教員次第?

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...