「情報漏えい対策」の事例、比較、解説記事を総まとめ

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、情報漏えい対策に関する事例、比較、解説の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

情報漏えい対策関連の解説

Web3が学べる「Zero To Mastery」5時間コースと「LearnWeb3」“4年制”コースとは?

次世代インターネット「Web3」について学習したいなら、学習サイトが大いに役立つ。複数ある学習サイトの中から、「Zero To Mastery」「LearnWeb3」を取り上げる。

(2022/8/12)

Amazonに「テレワークの通信費を払って」と従業員が訴え 訴訟の行方は?

Amazon.comの従業員は同社に対し、コロナ禍のテレワークで発生した通信費や電気料金を払い戻すよう訴訟を起こした。識者が予想する、この訴訟を取り巻く今後の動きとは。

(2022/8/9)

AMDを襲った「450GB以上のデータ流出」事件とは何だったのか

「RansomHouse」という新興サイバー犯罪グループが仕掛けた攻撃により、半導体大手AMDはデータ流出に見舞われた。AMDで何が起きたのか。

(2022/7/29)

Web3が無料で学べる「Web3 University」とは? 10週間集中の「ChainShot」とは?

「Web3」関連のスキルを習得するのに活用できる学習サイトにはさまざまな選択肢がある。そのうち「Web3 University」「ChainShot」で学習できる内容を解説する。

(2022/7/29)

注目の解説記事一覧へ

情報漏えい対策関連の事例

セキュリティ教育の「国が認めたハイレベル校」が教えていること

「セキュリティ教育の質が高い」と国が認めた教育機関は、どのようなセキュリティ教育を実施しているのか。英国NCSCの「CyberFirst Schools」「CyberFirst Colleges」の認定を受けた教育機関の取り組みを紹介する。

(2022/8/5)

“すごいセキュリティ教育校”を認定する「CyberFirst Schools/Colleges」とは

質の高いセキュリティ教育を提供する教育機関を評価する認定制度が「CyberFirst Schools」「CyberFirst Colleges」だ。どのような認定制度なのか。運営する英国NCSCに、その詳細と意義を聞いた。

(2022/7/22)

ウクライナ避難民が困る「言語の壁」をEdTechで打破する無料学習コースとは?

ロシアによる侵攻の影響を受けるウクライナ語話者向けに、EdTechベンダーBabbelが言語学習コースの無償提供を始めた。どのようなものなのか。

(2022/7/13)

“コロナ便乗詐欺師”が公的融資を悪用 そのとき英国政府はどう動いたか

COVID-19関連の企業支援制度に関連する詐欺に対抗するため、英国政府はネットワーク解析ソフトベンダーのQuantexaと契約を結んだ。どのような効果を期待しているのか。

(2022/1/31)

注目の事例記事一覧へ

情報漏えい対策関連の比較

導入すべきはSIEMかSOARか――企業の性質によって異なる判断基準

必ずしもSIEMとSOAR両方を導入しなければならないわけではない。企業の性質によって必要なツールは異なる。自社に必要なのはSIEMなのかSOARなのか。

(2021/10/26)

SIEMとSOAR――何がどう違うのか、何ができるのか

セキュリティ担当者の課題を解決するSIEMとSOAR。両者の目的や機能、メリットは全く異なるが、人に説明できるほど理解している人は少ない。両者を基礎から解説する。

(2021/10/19)

「サイバーセキュリティ保険」比較の肝 “良い保険会社”を選ぶ基準とは?

自社に必要なサイバーセキュリティ保険を選ぶには、何に注意して選定を進めればよいのか。選び方のヒントを紹介する。

(2021/7/29)

「サイバーセキュリティ保険」選びに失敗しない“8つのステップ”とは?

自社に適したサイバーセキュリティ保険の見当を付けるには、どのようなプロセスを踏めばよいのか。選定に失敗しないための8つのプロセスを紹介する。

(2021/7/22)

注目の比較記事一覧へ