情報漏えい対策の事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

情報漏えい対策関連の事例

IBMが「USBメモリ全面禁止」に踏み切った理由

IBMがリムーバブルストレージの使用を禁止し、従業員に社内ファイル共有システムの使用を促している。こうした禁止措置はセキュリティ強化につながるのか。

ガートナーが推奨 「働き方改革」に適した情報漏えい対策とは?

「ガートナー セキュリティ&リスク・マネジメント サミット 2018」で、クラウドサービスの利用やPCの持ち出しをする際のセキュリティに関するセッションが開催された。働き方改革に必要なセキュリティ対策とは。

高額な製品を使わない「常時SSL実現 虎の巻」 その内容とは

常時SSLは、もはや当たり前のものとして認識されている。そのためには高額な製品導入や、Webサーバにさまざまな設定が必要だ。しかし今、その「常識」に変化が起きている。

Verizonの「データ漏えい・侵害調査報告書」で明らかになった最も警戒すべき脅威とは

攻撃が確認された中で最も流行している種類のマルウェアが判明した。しかし、着実に増えているその他の脅威についてもレポートは示している。

不正侵入やデータ流出にかかる実際の時間とは? ハッカー調査で判明

ハッカー視点のセキュリティ報告書「The Black Report」の2018年版が発表された。不正侵入からデータ抽出までにどれだけ時間がかかるのか、ハッカーが最も苦慮する不正侵入対策は何かなどを明らかにしている。

Appleが「透明性レポート」公表 情報開示を求められるデバイス数が増加

Appleの2017年下半期透明性レポートは、米国の国家安全保障に基づく要請が増加したことを示した。専門家は、同社が開示すべき情報はまだ他にもあると指摘する。

クレジット審査も「顔パス」に? ブロックチェーンの意外な使い道

企業や個人にとって身元確認情報、つまりIDの管理は難題だ。しかし、仮想通貨で話題のブロックチェーンがその簡素化に役立つという。

ログの「取りあえず保管」から「宝探しの自動化」に

セキュリティ対策にはログを効果的に活用し、事故をいち早く検知して被害を最小限に抑える体制作りが重要だ。これまでは「保険」とされてきたログの活用を根本から見直す。

「最初に取りたいセキュリティ資格はこれ」、IT部門が初心者に勧める“鉄板”資格とは

サイバーセキュリティの認定資格が無数にある。駆け出しの新人が最初に取得すべき資格はどれだろうか。

事例で理解する「Webアプリケーション」を安全に導入するためのポイントとは?

活用が広がるWebアプリケーション。そのセキュリティ対策はどう進めるべきか。教育機関向けにシステムを提供する企業の取り組みを一例に、今必要なWebセキュリティ対策を考える。

上司や部下だからこそ疑え――「内部犯行」はこうしてなくす

信用していた同僚が、ある日突然犯罪者に――。大規模な情報漏えいに結び付くことが多い、内部関係者による内部犯行。有効な対策はあるのか。調査結果や専門家の意見から探る。

ベネッセ事件に学ぶ、内部犯行に気付けない「3つの盲点」

2014年7月に発覚したベネッセコーポレーションの顧客情報漏えい事件は、その規模の大きさから社会的にも大きなインパクトを与えた。このような事件に気付けない背景には、どのような盲点があるのだろうか。

金融システムを揺るがすサイバー攻撃は発生するか 警戒強める銀行

英国では、サイバー攻撃を脅威と認識する銀行が急増している。その背景には、2013年に相次いだサイバー攻撃があるようだ。イングランド銀行の調査結果から明らかになった。

個人の金融情報も監視? スノーデン暴露で物議を醸す金融市場

内部告発者のスノーデン氏がリークした文書によると、NSAが国際銀行間金融通信協会のデータにアクセスしていたという。個人の財務データも監視していたとする報道もあり、大きな物議を醸している。

マイナンバーだけじゃない もう1つの国民共通番号制度「医療等ID」とは?

2013年5月、社会保障・税に関する個人情報を単一の番号で管理する「マイナンバー」制度の関連法案が成立した。政府は並行して、医療・介護情報などの機密情報を管理する番号制度の検討を進めている。その内容とは?

市販製品を利用? 米国政府のネット情報収集手法が判明

Black Hat基調講演に登場したNSAのアレクサンダー長官は、NSAの活動は議会、行政、裁判所の厳格な監視下にあると力説。情報収集の概要を明らかにした。

ユーザー7社が議論、「仕事に役立つタブレット」の条件とは?

導入したタブレットは、当初の想定通りに利用できているのか? 導入や運用に当たっての課題は何か? タブレットのユーザー企業7社の議論から、こうした疑問を解き明かす。

米国防総省委員会、「サイバー攻撃への軍事作戦力を高めよ」

米国防総省の諮問委員会は「敵が仕掛けてくる攻撃に対して、米国のITインフラは装備が不十分だ」と指摘する。「サイバー攻撃能力を開発すべきだ」との主張も。攻撃は最大の防御となるか。

【事例】大和リースはiPadをどのように「どこでも稟議端末」に変えたか

iPadで稟議の申請や承認を実現した大和リース。セキュリティ対策のために、同社はセキュアブラウザの導入を決断した。その選定理由とは何か。同社担当者に聞いた。

【事例】日産自動車はマネージドセキュリティをどう選んだのか

2012年4月にマネージドセキュリティサービス(MSS)の利用を開始した日産自動車。同社は、なぜMSS利用を決断し、どう選定したのか。同社CIOの行徳セルソ氏が明かした。

NASAが研究、旅客の命を守る「テキスト・音声分析」

事故による死者をいかに減らすか。米航空宇宙局(NASA)は、旅客機の運航で得たさまざまなデータを生かし、空の安全性を高めようと知恵を絞る。その取り組みを追った。

ずさんなPC管理が招く、企業への多大なリスクの実態

情報漏えいやコンプライアンス違反などのリスク検知を目的として、多くの企業が管理ツールを導入している。しかし、それらがどうリスク管理に寄与するのかを明確に把握できていないのが現状ではないだろうか。

企業のログ管理、約半数は「収集データを活用しきれない」実態が浮き彫りに

TechTargetジャパンが会員向けに行った調査では、約85%の企業がログ管理を行っているが、約半数は収集したログを活用しきれていないことが分かった。

医療現場で採用されたセキュリティ対策を紹介する3つのホワイトペーパー

電子カルテの活用などIT化が目覚ましい医療分野では、セキュリティ対策にも力を入れられている。本稿では病院での採用事例を紹介している3つのコンテンツを取り上げる。

MSP選定と活用の教訓とは?

筆者の経験上、IT MSPは部下として扱うに限る――本稿では、IT MSPを選定・活用する上で非常に重要な教訓を紹介しよう。

[an error occurred while processing this directive](none)