ウクライナ避難民が困る「言語の壁」をEdTechで打破する無料学習コースとは?約20万人のウクライナ語話者が利用

ロシアによる侵攻の影響を受けるウクライナ語話者向けに、EdTechベンダーBabbelが言語学習コースの無償提供を始めた。どのようなものなのか。

2022年07月13日 10時00分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

EdTech | 教育IT


 2022年5月中旬から同年6月中旬までに、約20万人のウクライナ語話者が、EdTech(教育とITの融合)ベンダーBabbelが提供する同名の言語学習アプリケーションで他国語を学んだ。ロシアのウクライナへの軍事攻撃から逃れ、他国に定住する準備に役立てるためだ。

約20万人のウクライナ語話者が使用 無料EdTechコースの中身

 2022年5月、Babbel社はBabbelを使ったウクライナ語話者向け言語学習コースの無償提供を開始した。このコースはウクライナ語話者向けに、同社が新たに開発したものだ。エンドユーザーは初級から中級のドイツ語、ポーランド語、英語を学べる。Babbelは、Appleの「App Store」とGoogleの「Google Play」といったアプリケーションストアでダウンロードできる。

 Babbel社がウクライナ語話者向け言語学習コースを開発したのは「避難民にとって、非常に重要なサービスだと考えた」からだと、同社のアーン・シェプカー最高経営責任者(CEO)は語る。このコースの提供は「真の社会ニーズに応える取り組みだ」とシェプカー氏は確信する。

 ウクライナ語話者向け言語学習コースの開発に際してBabbel社は、ウクライナ避難民の実生活に役立つことを重視した。自己紹介の仕方、質問の仕方、出来事を説明する方法に加え、日常生活でよく使われる表現や会話といった内容もカバーしている。

 Babbel社によると、45%以上のエンドユーザーは、同社のウクライナ語話者向け言語学習コースをウクライナ国内で利用している。ポーランドでの利用は19%、ドイツでの利用は13%だ。学習言語に英語を選択しているエンドユーザーは59%以上に上る。

 言語学習コースの提供以外にも、Babbel社はウクライナの人道支援団体にドイツ・ベルリンのオフィスの一部を提供するなど、ウクライナ避難民を支援するための取り組みを進めている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...