「最初に取りたいセキュリティ資格はこれ」、IT部門が初心者に勧める“鉄板”資格とは「大学は出たけれど」とならないためにやるべきこと

サイバーセキュリティの認定資格が無数にある。駆け出しの新人が最初に取得すべき資格はどれだろうか。

2016年11月21日 15時00分 公開
[Mike O. VillegasTechTarget]

関連キーワード

管理者 | 社員教育 | セキュリティ対策


資格取得も大事だが、なにはともあれ勉強しないことにはどうしようもない

 サイバーセキュリティは“面白い”専門職だ。サイバーセキュリティインシデントの数は増加の一途をたどっている。そのため、有能なサイバーセキュリティ専門家の需要は今後も増え続けていくという予想が多い。

 2016年1月にISACAが実施した「State of Cybersecurity Survey: Implications for 2016」(サイバーセキュリティの実態調査:2016年への影響)では、調査対象となったサイバーセキュリティ管理者とサイバーセキュリティ担当者461人の内、65%近くで同じ意見を持っていることが明らかになった。それは、「サイバーセキュリティ専門職を志願する学生には、サイバーセキュリティ業務の関連タスクを遂行する上で必要なスキルが足りない」というものだ。

 調査対象者の86%は、必須の技術スキルを伸ばす手段として研修(OJT)を利用していることも明らかになっている。2年制の専門学校や4年制の大学に通う志願者を雇用するつもりがある回答はわずか16%にすぎなかった。また、採用の38%は、スキルベースのトレーニングとサイバーセキュリティの認定資格に基づいて決めるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...