2022年07月22日 08時15分 公開
特集/連載

“すごいセキュリティ教育校”を認定する「CyberFirst Schools/Colleges」とは英国「セキュリティ教育認定制度」の実態【前編】

質の高いセキュリティ教育を提供する教育機関を評価する認定制度が「CyberFirst Schools」「CyberFirst Colleges」だ。どのような認定制度なのか。運営する英国NCSCに、その詳細と意義を聞いた。

[Alex Scroxton,TechTarget]

関連キーワード

教育IT | セキュリティ


 英国のセキュリティに関する政府機関である国家サイバーセキュリティセンター(NCSC)は2022年3月、新たに8校を「CyberFirst Schools」および「CyberFirst Colleges」に認定した。CyberFirst Schools/Collegesは、質の高いサイバーセキュリティ教育に取り組む教育機関を評価する認定制度だ。

CyberFirst Schools/Colleges認定校は何が“すごい“のか

 「教室の内外で、学習者のサイバーセキュリティスキルを伸ばすための指導を適切に実施する教育機関」をNCSCが評価し、CyberFirst Schools/Collegesとして認定する。取り組みのレベルに応じて、ゴールド、シルバー、ブロンズの3つのランクがある。

 教育機関が若い人に、サイバーセキュリティの実践的体験ができる機会を与えることは「不可欠だ」と、NCSCでサイバーグロース部門の副センター長を務めるクリス・アンソール氏は強調する。CyberFirst Schools/Collegesは「次世代を担う人材を奮い立たせ、英国のこれからのサイバーセキュリティを確保する上で役立つ」とアンソール氏は語る。

 今回NCSCが新たにCyberFirst Schools/Collegesとして認定したのは、以下の教育機関だ。

  • ゴールド
    • All Saints Academy
  • シルバー
    • Carmel College
    • Chepstow School
    • Gower College Swansea
    • Pate’s Grammar School
    • College Merthyr Tydfil
  • ブロンズ
    • Corfe Hills School
    • Thorp Academy

 All Saints Academyは、すでにシルバーの認定を受けており、今回ゴールドにランクアップした。同校はNCSCから「最高基準のサイバーセキュリティ教育」を実施していると認められたことになる。


 後編は、CyberFirst Schools/Colleges認定校の取り組みを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...