2022年07月25日 05時00分 公開
特集/連載

教育機関に「100Gbps光ファイバー網」提供の意味は? 英国非営利組織に聞く英国で進む「教育・研究機関向けネットワーク刷新」の中身【後編】

英国の非営利組織Jiscが教育・研究機関向けに最大データ転送速度100Gbpsの光ファイバーネットワークを用意する。その目的とは何なのか。関係者に聞いた。

[Joe O’Halloran,TechTarget]

関連キーワード

ギガビット | ネットワーク


 Jiscは、英国の教育・研究機関向け高速通信ネットワーク「Janet Network」を支える非営利組織だ。同組織は法人向けネットワークインフラベンダーのNeos Networksと協業し、英国の北アイルランドとイングランド北西部におけるネットワーク構築を進めている。これらは、JiscがJanet Networkの見直しの一環として実施する取り組みだ。最大データ転送速度100Gbpsの光ファイバーネットワークを教育・研究機関向けに提供する。

「100Gbpsネットワークを教育機関に」は何のため?

 「新たなネットワークによって、Jiscが提供するネットワークの運用効率を上げることができる。つまり同団体の会員である教育・研究機関に提供するサービスの質を高められる」。Neos Networksのホールセールおよびスマートインフラ担当マネージングディレクター、サラ・マイルズ氏は、こう話す。

 目標は「教育・研究機関向けのネットワークを絶えず改良し、強化することだ」と、Jiscのネットワークデリバリー担当デピュティーディレクター、ニール・シューリー氏は語る。新たに提供するネットワークによって、こうした目標の達成に必要な回線容量や信頼性を得られるとシューリー氏は説明する。

 新しいネットワークは「Jiscの会員である教育・研究機関に、時代遅れにならない接続性をもたらす」とシェーリー氏は語る。この取り組みは「ハイブリッド教育」への継続的な移行によって高まるネットワーク需要に対処するために役立つという。ハイブリッド教育は、教室における対面教育と、自宅をはじめとする遠隔地にいる学習者向けの遠隔教育の両方を取り入れた教育形式だ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...