auカブコム証券を煩わせた「人手でのログ確認」 その課題とは?auカブコム証券が取り組む内部不正対策【前編】

インターネット証券会社のauカブコム証券は、さまざまなログを分析して内部不正対策に取り組んでいる。だがそこには人手だけでは対処し切れない課題があった。それはどのようなものか。

2021年03月02日 05時00分 公開
[高橋睦美]

 情報漏えいは外部からの不正アクセスだけでなく、従業員の内部不正が原因になることが少なくない。特に金銭そのものを扱う金融機関の場合、システムやデータを操作・閲覧する権限を持った従業員による内部不正を防ぎ、法令を順守させることは重要な責務になる。

 インターネット証券会社のauカブコム証券も、内部不正対策に取り組む金融機関の一社だ。インシデントレスポンスの専門組織である「k.CSIRT」(kabu.com Cyber Security Incident Resilience Team)の設置といった外部不正対策に加えて、内部不正対策にも余念がない。その具体策として同社が設置した部署が「コンプライアンス・リスク管理部」だ。

伊藤氏 auカブコム証券の伊藤公樹氏

 外部不正対策と同様、内部不正対策の運用は簡単ではない。auカブコム証券の従業員数は2020年6月時点で200人に満たない。決して十分とは言えない人手で、API(アプリケーションプログラミングインタフェース)公開をはじめとするサービス拡充と、内部・外部不正対策を同時に推進しなければならない。

 特に内部不正対策は「チェックに時間がかかることが課題でした」と、コンプライアンス・リスク管理部でシステムリスク管理グループ長補佐を務める伊藤公樹氏は述べる。ログを集めて分析するにしても、分析対象となるログの当たりを付け、分析し、チェックする一連の作業には時間と手間を要する。複数の事象があれば相関的な見方も必要になり、さらに時間がかかることになる。

たまる一方のログと分析にかかる時間が課題に

ITmedia マーケティング新着記事

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。

news061.jpg

J-WAVEが「ポッドキャスト×NFT」の音声ファンマーケティングサービスを開始
J-WAVEは、ポッドキャストとNFTを組み合わせた音声ファンマーケティングサービスを開始し...