2006年07月06日 08時26分 公開
特集/連載

VoIPとCRMの導入による顧客対応力向上の威力Case Study

数度の合併でバラバラのレガシーシステムを抱えることになったグリーンストーンは、MicrosoftのCRMソフトとそれに対応するシスコのVoIPプラットフォームを導入することにより、100%のROIを達成した。

[TechTarget]

 数回の合併を経てデータとアプリケーションが散在し、通信システムが継ぎはぎになっていた大手農業金融サービス会社が、音声/データ統合によりCRMソリューションを最大限に活用し、売り上げを伸ばすとともに100%のROI(投資効果)を達成した。

 ミシガン州イーストランシングに本拠を置く融資残高30億ドルの農業金融サービス会社、グリーンストーンファームクレジットサービシズ。1999年から2003年にかけての4社との合併により、同社は市場での地位を強化したが、その一方でミシガン州とウィスコンシン州の37カ所の支社で各種の異なるレガシーシステムを抱えることになった。

 ロバーツ氏は、企業規模の拡大とともに、社員がよりタイムリーで包括的な、個々の顧客に最適なサービスを提供する力が問われることになったと述べた。

 「顧客にサービスを販売する会社は、顧客を知らなければならない」とロバーツ氏。「あらゆる情報を駆使してビジネスに取り組むことが肝要だ」

 グリーンストーンは、社員が個々の顧客について、モーゲージローンやトラクターローンの取引があるかだけでなく、どの会社の生命保険に加入しているか、税務処理を自分で行っているか、あるいはどこに委託しているかなどを含めて、属性を詳細に把握できるようにすることを目指した。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...