2007年01月11日 10時56分 公開
特集/連載

モバイル機器のセキュリティは「飲酒運転対策」レベルColumn

モバイル機器のセキュリティに対する企業の姿勢は飲酒運転のようなもので、危険が分かっていながら対策が取られていないと専門家は指摘する。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 ノートPCなどモバイル機器の重要なデータを保護する最善の策は暗号化だと専門家は言う。それは分かっていると、ほとんどのIT組織は話す。ではなぜ実際にそうしている企業がこれほど少ないのだろう。

 「いまだに自社のデータを保護していない企業があまりに多いことが心配だ」。こう語るのは、調査会社ガートナーの著名アナリスト、ジョン・ジラード副社長。「過去数年の(暗号化)製品の売れ行きは、ノートPCやモバイル機器の普及に比べてまだほんの一部にすぎない」

 モバイル暗号化技術を提供しているクレダント・テクノロジーズが各国のIT専門職426人を対象に最近実施した調査では、88%が「重要なデータがまだ大量に社員のモバイル機器に保存されている」と答えた。このデータを守る最善の方法は暗号化だと72%が認識していながら、実際に自社のデバイスに暗号を導入しているという回答は20%のみだった。

 「この数字は納得がいく。われわれが話す相手のほとんどは、これがまだ自分の守備範囲にさえ入っていないと報告している」。調査会社インフォテック・リサーチグループの上級リサーチアナリスト、カルミ・レビー氏はこう話す。

 レビー氏によれば、モバイル機器がデータセキュリティに投げ掛けるリスクについて、企業の間には心理的障壁があるようだという。

 「これまで(モバイル機器は)低電力で機能も低い、会社のツールセットの付属品と見られてきた」とレビー氏。

 しかしニュースを読んでいる人なら誰でも、顧客や従業員の個人情報が何千件も入ったノートPCが毎月のように紛失したり盗まれていることは承知だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

動画の重要性 「増している」が85% 動画コンテンツの内製化率は前年比倍増――アライドアーキテクツ調査
アライドアーキテクツが「企業のDX推進における動画活用の実態調査 2021」を実施。デジタ...

news066.jpg

これもアマゾンエフェクト? 米国で激減するあの人名の話
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

電通「2020年 日本の広告費」 総広告費は大幅減でもインターネット広告費は成長を維持
2020年の日本の総広告費は6兆1594億円で前年比88.8%。東日本大震災があった2011年以来9...