ミラポイント、メールのディザスタリカバリソリューションを発表NEWS

ミラポイントが、災害・障害時にも事業継続性を確保するEメールのディザスタリカバリ機能を搭載した新製品「Mirapoint Remote Site Replication」を発表した。

2007年04月17日 22時11分 公開
[TechTarget]

 ミラポイントジャパンは4月17日、ビジネスの継続性に不可欠なEメールのディザスタリカバリソリューションの新製品「Remote Site Replication(RSR)」を発表した。

 RSRは、本番サーバと遠隔地のディザスタリカバリサーバで構成するセキュアなデュアルサイトシステムを低価格で実現するソリューション。Eメール、カレンダー情報、連絡先データなどの各種サービスをコピーして遠隔地での利用を可能にすることで、最小限のダウンタイムでサービスの復旧を可能にする。同社はこれまでさまざまな冗長構成(アプライアンス内での冗長構成SAN、NASへの対応、N+1構成など)を提供しているが、今回ディザスタリカバリソリューションとしてRSRを加え、事業継続性のためのソリューションを充実させた。また、本製品は同社のEメールアプライアンス製品「Mirapoint Message Server」(Mシリーズ)に追加機能として容易に搭載できるという。出荷開始は5月中旬、メーカー希望価格は241万5000円(税別、ライセンス費用のみ)をそれぞれ予定している。

ITmedia マーケティング新着記事

news187.jpg

アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」...

news057.png

外注費の実態 「動画制作」「マーケティング」が大きく増加の傾向――ランサーズ調査
フリーランスや専門会社への「外注」について、どのような業務の外注費が増加傾向にある...

news049.png

SEO対策において「古い記事」をどうすべきか? 3つの対処法を解説
SEOの観点では、古い記事は削除した方がいいのか、残しておいても大丈夫か。どのような対...