2007年04月27日 05時00分 公開
特集/連載

Google NotebookのセキュリティリスクColumn

「大いなる力には、大いなる責任が伴う」――Google Notebookは非常に便利だが、使うには注意が必要だ。

[Ed Skoudis,TechTarget]

 グーグルの「Google Notebook」はWebベースのアプリケーションで、ユーザーはWebページのクリッピング、関連したメモ、検索結果、画像など、Web上で見つけたさまざまな情報を保存できるというもの。Google Notebookは、ヤフーのMyWebやアスクドットコムのMyStuff、あるいはdel.icio.us、digg.comといったサービスに似ている。これらのサービスはいずれも、メモを保存・整理するのに便利な機能を提供する。しかしスパイダーマンの信条ではないが、「大いなる力には、大いなる責任が伴う」のである。

 Google Notebookなどのサービスの機能を理解するために、こういったサービスがなかったころのことを考えてみよう。報告書の作成、休暇の計画、自分の趣味などでWeb上で調べ物をすると、データのクリッピングが山のように集まることが多い。かつて(6カ月前)は、ユーザーはこういったデータをWordの書類に張り付けたり、Webページ全体を保存したりしていた。結果を紙に印刷していた人さえいた。

 しかしGoogle Notebookを利用すれば、ブラウザで表示したさまざまなページから切り抜いたデータ要素をNotebookにペーストすることができる。Google Notebookの拡張機能を利用するには、ブラウザ用プラグインをInternet ExplorerまたはFirefoxにインストールすればよい。これにより、Webページ内で選択した部分、あるいはページ全体やそのURLをNotebookに登録することができる。またGoogle Notebookに登録されたデータはオンライン上に保存されるため、インターネットに接続された環境であれば、どんなブラウザからでもアクセスすることができる。ただし、同じGoogleアカウントでログインする必要がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。