2007年06月01日 18時50分 UPDATE
ニュース

NEWSセキュリティフライデー、アクセスログ収集システムに早割キャンペーン

セキュリティフライデーが、ファイルサーバアクセスログ収集システム「VISUACT-G」の、中小規模環境向け早割キャンペーンを開始した。1000クライアント以下の環境で初回購入時に限り、サーバライセンス代のみで提供する。

[TechTarget]

 セキュリティフライデーは6月1日、同社のファイルサーバアクセスログ収集システム「VISUACT」の中小企業環境向け製品「VISUACT-G」において、早割キャンペーンを同日より開始したと発表した。このキャンペーンは、6月1日から8月31日まで、1000クライアント以下の環境で同システムを初回購入する顧客に限り、「VISUACT-G Ver1.5」をサーバライセンス代(150万円、税別)のみで提供するというもの。1000クライアント環境の場合、1000クライアントライセンス費用(200万円)および1000クライアントライセンスの初年度年間サポート費用(24万円)が無料となる。なお、サーバライセンスの初年度年間サポート費用が別途必要となる。

 VISUACTは、主にWindowsファイルサーバのアクセスログを収集するソフトウェア。ログの収集方法としてパケットキャプチャ方式を採用しており、共有プロトコルとしてSMB(CIFS)が利用されていれば、ハイエンドNASやSambaなどのさまざまなサーバに対応する。クライアントPCについても同じく、共有プロトコルとしてSMB(CIFS)が利用されていればMacOSやLinuxなどのあらゆるOS、アプリケーションに対応。また、小規模環境からハイエンドNASを用いた数万クライアントの環境まで、サーバ内のすべての共有ファイルと操作のログ取得が可能。ネットワークトラフィックの約1000分の1というコンパクトサイズでのログ取得を実現している。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news124.jpg

消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査...

news069.jpg

アマゾンエフェクトに負けない方法とは? 米小売大手TargetからDomoに転じたエグゼクティブに聞く
データが好き過ぎてDomoに転職した元Targetベン・シャイン氏のインタビュー。

news061.jpg

「スマホ決済」が増加傾向――マイボイスコムがスマートフォンの利用動向調査
生活者1万人にスマートフォンの利用状況を聞いています。