2007年06月01日 18時50分 公開
ニュース

セキュリティフライデー、アクセスログ収集システムに早割キャンペーンNEWS

セキュリティフライデーが、ファイルサーバアクセスログ収集システム「VISUACT-G」の、中小規模環境向け早割キャンペーンを開始した。1000クライアント以下の環境で初回購入時に限り、サーバライセンス代のみで提供する。

[TechTarget]

 セキュリティフライデーは6月1日、同社のファイルサーバアクセスログ収集システム「VISUACT」の中小企業環境向け製品「VISUACT-G」において、早割キャンペーンを同日より開始したと発表した。このキャンペーンは、6月1日から8月31日まで、1000クライアント以下の環境で同システムを初回購入する顧客に限り、「VISUACT-G Ver1.5」をサーバライセンス代(150万円、税別)のみで提供するというもの。1000クライアント環境の場合、1000クライアントライセンス費用(200万円)および1000クライアントライセンスの初年度年間サポート費用(24万円)が無料となる。なお、サーバライセンスの初年度年間サポート費用が別途必要となる。

 VISUACTは、主にWindowsファイルサーバのアクセスログを収集するソフトウェア。ログの収集方法としてパケットキャプチャ方式を採用しており、共有プロトコルとしてSMB(CIFS)が利用されていれば、ハイエンドNASやSambaなどのさまざまなサーバに対応する。クライアントPCについても同じく、共有プロトコルとしてSMB(CIFS)が利用されていればMacOSやLinuxなどのあらゆるOS、アプリケーションに対応。また、小規模環境からハイエンドNASを用いた数万クライアントの環境まで、サーバ内のすべての共有ファイルと操作のログ取得が可能。ネットワークトラフィックの約1000分の1というコンパクトサイズでのログ取得を実現している。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。