2007年08月29日 18時02分 公開
ニュース

アシストほか2社、サーバOSおよびデータベースのアクセス管理ソリューションを提供NEWS

アシスト、日本CA、日本オラクルの3社で「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」を提供、内部統制強化を支援

[TechTarget]

 アシスト、日本CA、日本オラクルの3社は8月29日、サーバアクセス管理ツール「CA Access Control」とデータベースの管理ユーザーを制限できるオプション製品「Oracle Database Vault」を組み合わせた「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」を共同で提供しすると発表した。日本CAと日本オラクルがそれぞれソフトウェアを提供し、アシストがそれらを「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」として販売するとともに、導入時の技術サポートを提供する。また、マーケティングやプロモーションは3社共同で行い、顧客企業への普及を目指す。

 3社共同での販促活動として、監査法人トーマツ監修の下、日本CAと日本オラクルが共同で執筆したホワイトペーパー「IT全般統制におけるアクセス管理:権限の分類と特権ユーザー管理」を、権限の分離と特権ユーザー管理に関心のある顧客向けに提供。また、日本CA主催、アシスト、日本オラクル協賛による「IT全般統制におけるアクセス管理〜権限分離と特権ユーザ管理による法令遵守への新アプローチ〜」セミナーを9月11日に丸ビルホール&コンファレンススクエアにて開催する。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...