アシストほか2社、サーバOSおよびデータベースのアクセス管理ソリューションを提供NEWS

アシスト、日本CA、日本オラクルの3社で「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」を提供、内部統制強化を支援

2007年08月29日 18時02分 公開
[TechTarget]

 アシスト、日本CA、日本オラクルの3社は8月29日、サーバアクセス管理ツール「CA Access Control」とデータベースの管理ユーザーを制限できるオプション製品「Oracle Database Vault」を組み合わせた「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」を共同で提供しすると発表した。日本CAと日本オラクルがそれぞれソフトウェアを提供し、アシストがそれらを「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」として販売するとともに、導入時の技術サポートを提供する。また、マーケティングやプロモーションは3社共同で行い、顧客企業への普及を目指す。

 3社共同での販促活動として、監査法人トーマツ監修の下、日本CAと日本オラクルが共同で執筆したホワイトペーパー「IT全般統制におけるアクセス管理:権限の分類と特権ユーザー管理」を、権限の分離と特権ユーザー管理に関心のある顧客向けに提供。また、日本CA主催、アシスト、日本オラクル協賛による「IT全般統制におけるアクセス管理〜権限分離と特権ユーザ管理による法令遵守への新アプローチ〜」セミナーを9月11日に丸ビルホール&コンファレンススクエアにて開催する。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...