2007年08月29日 18時02分 公開
ニュース

アシストほか2社、サーバOSおよびデータベースのアクセス管理ソリューションを提供NEWS

アシスト、日本CA、日本オラクルの3社で「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」を提供、内部統制強化を支援

[TechTarget]

 アシスト、日本CA、日本オラクルの3社は8月29日、サーバアクセス管理ツール「CA Access Control」とデータベースの管理ユーザーを制限できるオプション製品「Oracle Database Vault」を組み合わせた「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」を共同で提供しすると発表した。日本CAと日本オラクルがそれぞれソフトウェアを提供し、アシストがそれらを「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」として販売するとともに、導入時の技術サポートを提供する。また、マーケティングやプロモーションは3社共同で行い、顧客企業への普及を目指す。

 3社共同での販促活動として、監査法人トーマツ監修の下、日本CAと日本オラクルが共同で執筆したホワイトペーパー「IT全般統制におけるアクセス管理:権限の分類と特権ユーザー管理」を、権限の分離と特権ユーザー管理に関心のある顧客向けに提供。また、日本CA主催、アシスト、日本オラクル協賛による「IT全般統制におけるアクセス管理〜権限分離と特権ユーザ管理による法令遵守への新アプローチ〜」セミナーを9月11日に丸ビルホール&コンファレンススクエアにて開催する。

ITmedia マーケティング新着記事

クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるため...

news017.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...