日本ユニシス、統合ログ管理ソリューションにJP1とログ連携する新機能NEWS

「JP1/NETM/Audit」で収集したログを「統合ログ管理ソリューション」の中核をなすアプライアンス製品「RSA enVision」に取り込むJP1連携機能を開発

2007年10月09日 19時53分 公開
[TechTarget]

 日本ユニシスは10月9日、ログ収集・分析ソフトウェア「RSA enVision」と日立製作所の監査証跡管理製品「JP1/NETM/Audit」の連携機能を同日より提供開始したと発表した。

 RSA enVisionは、日本ユニシスが提供する「統合ログ管理ソリューション」の中核をなす製品で、企業のサーバ類やネットワーク機器などのログ収集を一元管理できるソフトウェア。

 JP1/NETM/Auditは、2007年3月に統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」に追加された、監査時に必要となるシステム変更に伴うログを証跡記録として集積・一元管理するソフトウェア。

 今回の連携では、JP1/NETM/Auditで収集したログをRSA enVisionに取り込むログ連携機能を日本ユニシスが開発。JP1/NETM/Auditの強みであるシステム運用の監査機能に加え、RSA enVisionで管理可能なログを統合することができるという。

 本機能の提供により、IT内部統制、情報セキュリティ、運用管理、それぞれの目的を持つログの統合管理が可能となり、運用管理者、セキュリティ管理者の負担を軽減できるといしている。

関連ホワイトペーパー

運用管理 | JP1 | 内部統制 | 日立製作所


ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。