2007年11月13日 19時37分 公開
ニュース

日立ソフト、UTM機能が出力するログを解析・レポートする製品を発売NEWS

UTMログのレポート化により、不正兆候の早期検知を支援する「NetInsightU Security Reporting Center v3.3」を発売

[TechTarget]

 日立ソフトウェアエンジニアリングは11月13日、ファイアウォールのUTM機能が出力するログを解析し、稼働状況をレポートする製品「NetInsightU Security Reporting Center v3.3」を11月14日より発売すると発表した。

 本製品は、従来のファイアウォール製品やプロキシ製品のログ解析機能に加え、新たに「チェック・ポイント VPN-1 UTM」「富士通 IPCOM EXシリーズ」のUTM機能が検出した危険なトラフィックを示すログの解析機能を加えた。解析結果はビジュアル化されたレポートとして生成されるため、内外からの脅威に対する早期検知・早期認識に役立てることができるとしている。

 具体的には、「どこから(攻撃元)どのような攻撃が行われたか」「どこあて(攻撃先)にどのような攻撃を行ったか」といった攻撃に関するレポート、「どのようなウイルスが、どのような手段で送られたか」「ウイルスに関係のあるクライアントはどれか」といったアンチウイルスに関するレポート、「フィルタされたあて先アドレスと、アクセスしたクライアント」といったWebフィルタリングに関するレポートを生成する。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...