2008年07月01日 18時01分 公開
ニュース

RSAセキュリティ、SecurIDの認証サーバソフトの最新版に2つのオプションを追加NEWS

ワンタイムパスワードを携帯電話やPCにメール送信する「On-Demandトークン」と SecurIDのユーザーライセンス数を一時的に増やせる「Business Continuity Option」をオプションで提供。

[TechTargetジャパン]

 RSAセキュリティは7月1日、2要素認証製品「RSA SecurID」の認証サーバソフトウェアの最新版「RSA Authentication Manager 7.1」の販売を開始した。

RSA Authentication Managerは、RSA SecurIDが生成したワンタイムパスワード(OTP)の認証要求を処理する認証サーバソフトウェア。さまざまなデバイスの認証要求に対し、デスクトップ認証やWeb認証などの機能を提供する。最新版では、2つの新機能として「On-Demandトークン」と「Business Continuity Option」(以下、BCO)を搭載することができる(オプション)。

 On-Demandトークンは、ユーザーの要求に応じてRSA Authentication Manager 7.1がOTPを携帯電話やPCに電子メールで送信する機能。ユーザーは受信したOTPを認証に使い、会社のメールシステムやWebアプリケーションにログインできる。このため、ユーザーは専用の認証デバイスを携帯する必要がなく、認証デバイスの配布コスト削減や運用負荷の軽減にもなる。また、ハードウェア/ソフトウェアトークンとの混在利用も可能なため、取り扱う情報の重要度や部門の特性、役職に見合ったトークンを社員ごとに割り当てることができる。価格は25ユーザーで13万5000円、500ユーザーで260万円(ともに税抜き)。

 またBCOは、必要なときにRSA SecurIDのユーザーライセンス数を一時的に増やす機能。あらかじめ購入したBCOのユーザーライセンスを、1回60日間利用として購入後3年間で6回まで利用できる。例えば、台風や地震に被災し社員が出勤できないといった非常時にBCOを利用すれば、在宅でも安全に業務を遂行できる。また、BCOにはユーザーライセンスと相当分のOn-Demandトークンが含まれる。価格は25ユーザーで25万2500円、500ユーザーで370万円(ともに税抜き)

関連ホワイトペーパー

認証 | 携帯電話 | ワンタイムパスワード | パスワード


ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...