千葉銀、ネットバンキングのセキュリティ強化にRSA SecurIDを採用NEWS

インターネットバンキングのなりすまし防止強化のために「RSA SecurID」を採用。実績と使い勝手を評価。

2008年06月16日 17時55分 公開
[TechTargetジャパン]

 RSAセキュリティは6月16日、千葉銀行が、個人向けインターネットバンキング利用者のセキュリティ対策として、ワンタイムパスワード(OTP)の「RSA SecurID」を採用したことを発表した。

 RSA SecurIDは、60秒に1回、ランダムに生成される数字と本人だけが知る暗証番号の2つの要素を用いて認証を行うハードウェアトークン型のOTP。スパイウェアやファイル共有ソフトなどを利用したパスワード詐取によるなりすましを防ぐ。利用者は表示されている数字を入力するだけでよく、定期的なパスワード変更といった自助努力が不要となる。

画像 千葉銀行のRSA SecurID
画像 60秒ごとに生成されるOTPと認証のイメージ

 千葉銀行は、振込・振替や投資信託取引、税金支払いが行える個人向けインターネットバンキングサービス「ちばぎんマイアクセス」を提供しているが、インターネット経由のサービス拡充とネット犯罪に対するリスク軽減の強化策として、1回限りの使い捨てパスワードのOTPの採用を決定。OTP製品として採用実績や使いやすさをに定評のあるRSA SecurIDを導入した。千葉銀行は、RSA SecurIDによる「ワンタイムパスワード認証」を2008年9月に開始予定。OTPを希望する顧客向けに無料で配布予定だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...