2007年08月23日 17時55分 公開
ニュース

ソニックウォールとRSAセキュリティ、協業によりセキュアなVPNソリューションを提供NEWS

ソニックウォールのVPNプラットフォームとRSAのワンタイムパスワード認証で一層セキュアなVPNソリューションを実現

[TechTarget]

 ソニックウォールとRSAセキュリティは8月23日、ソニックウォールのリモートアクセスソリューションとRSAセキュリティのワンタイムパスワードおよびログ管理ソリューションにおいて、協業を発表した。ソニックウォールのUTM(統合脅威管理)およびSSL-VPN製品とRSAセキュリティのワンタイムパスワード認証方式「RSA SecurID」を連動させることで、小規模から大規模ネットワークまで幅広いユーザーに、よりセキュアなリモートアクセスを提供するとしている。

 また、ネットワークの各所に設置されたソニックウォール製品のログをRSAセキュリティが提供する統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」で収集し、他機器のログとともに管理、相関分析を行うことができるという。これにより顧客は、ワンタイムパスワード認証方式によるリモートアクセス時のセキュリティ強化と、ログ管理によるコンプライアンス対応の2つのメリットが得られるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...