2007年08月23日 17時55分 公開
ニュース

ソニックウォールとRSAセキュリティ、協業によりセキュアなVPNソリューションを提供NEWS

ソニックウォールのVPNプラットフォームとRSAのワンタイムパスワード認証で一層セキュアなVPNソリューションを実現

[TechTarget]

 ソニックウォールとRSAセキュリティは8月23日、ソニックウォールのリモートアクセスソリューションとRSAセキュリティのワンタイムパスワードおよびログ管理ソリューションにおいて、協業を発表した。ソニックウォールのUTM(統合脅威管理)およびSSL-VPN製品とRSAセキュリティのワンタイムパスワード認証方式「RSA SecurID」を連動させることで、小規模から大規模ネットワークまで幅広いユーザーに、よりセキュアなリモートアクセスを提供するとしている。

 また、ネットワークの各所に設置されたソニックウォール製品のログをRSAセキュリティが提供する統合ログ管理アプライアンス「RSA enVision」で収集し、他機器のログとともに管理、相関分析を行うことができるという。これにより顧客は、ワンタイムパスワード認証方式によるリモートアクセス時のセキュリティ強化と、ログ管理によるコンプライアンス対応の2つのメリットが得られるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...