2008年07月16日 16時50分 UPDATE
ニュース

NEWS日本コンピュウェア、ITシステム状況を可視化するビジネスサービス管理の新製品

ビジネスサービス管理の新製品「Vantage Service Manager」を発売。ITシステムの状態を監視し、実務やサービスへの影響度合いをリアルタイムにグラフや数値で可視化する。

[TechTargetジャパン]

 日本コンピュウェアは7月16日、ビジネスサービス管理の新製品「Vantage Service Manager」の販売を開始した。

 Vantage Service Managerは、サーバやストレージ、ネットワークなど各種ITシステムの状態を監視し、実際の業務やサービスへの影響度合いをリアルタイムにグラフや数値などで可視化する製品。ITシステムの運用管理担当者からITシステムの効果を測る管理職、経営者まで、企業のすべての階層がビジネスサービス運用管理に携わることができる。

 各種監視ツールによって収集したIT情報と、構造化した実際の業務やサービスの定義をVantage Service Managerの設定画面でマッピング入力することで、ITシステムと実際の業務やサービスを連携。連携データは、経営者、サービスマネジャー、運用者がそれぞれ必要な項目や単位、表示形式にカスタマイズできるダッシュボード上で、グラフや数値に変換することができる。ダッシュボードにはITシステムの稼働状況とともに、エンドユーザーへのサービス状況を地図上で表示したり、拠点や地域ごとのサービス利用状況を時間軸上にグラフ表示したりすることが可能だ。

 価格は100モニタリングユニットライセンス込みで、2093万円(税込み)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...