2009年04月06日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSネットアップ、ストレージ管理ソフトウェアの機能強化版をリリース

ネットアップがストレージ管理ソフトウェア「SnapManager」の機能強化版3製品をリリース。それぞれOracleデータベース、SAPアプリ、Microsoft Office SharePoint Serverのデータ管理強化が図られている。

[TechTargetジャパン]

 ネットアップは4月2日、同社のストレージ管理ソフトウェア製品群「SnapManager」の機能強化版を同日より提供開始すると発表した。

 SnapManagerは、ストレージに関する高度な専門知識がなくても、簡単な操作によるストレージ管理を可能にするソフトウェア。データのバックアップ/リカバリ、クローニング、ディザスタリカバリのためのストレージ設定を自動化し、管理負荷を低減する。データ管理の対象となるアプリケーションの種類別に複数の製品に分かれており、今回機能を強化したのはOracleデータベース用の「SnapManager for Oracle 3.0」、SAPアプリケーション用の「SnapManager for SAP 3.0」、Microsoft Office SharePoint Server用の「SnapManager for Microsoft Office SharePoint Server 2.0」の3製品。

 SnapManager for Oracle 3.0は今回の機能強化により、レプリケーションソフトウェア「SnapMirror」やリモートバックアップ用ソフトウェア「SnapVault」と組み合わせたディザスタリカバリ環境構築を可能にした。SnapManager for SAP 3.0は、仮想クローン機能「FlexClone」技術との連携が可能になり、開発・テスト環境用にシステムのコピーを容易に作成できるようになった。またSnapManager for Microsoft Office SharePoint Server 2.0は、新規データの自動検知・バックアップやディザスタリカバリ機能などを追加した。

 参考価格は、SnapManager for Oracle 3.0が153万9000円、SnapManager for SAP 3.0が192万4000円、SnapManager for Microsoft Office SharePoint Server 2.0が121万1000円となっている(いずれも税別価格)。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...