ネットアップ、ストレージ管理ソフトウェアの機能強化版をリリースNEWS

ネットアップがストレージ管理ソフトウェア「SnapManager」の機能強化版3製品をリリース。それぞれOracleデータベース、SAPアプリ、Microsoft Office SharePoint Serverのデータ管理強化が図られている。

2009年04月06日 09時00分 公開
[TechTargetジャパン]

 ネットアップは4月2日、同社のストレージ管理ソフトウェア製品群「SnapManager」の機能強化版を同日より提供開始すると発表した。

 SnapManagerは、ストレージに関する高度な専門知識がなくても、簡単な操作によるストレージ管理を可能にするソフトウェア。データのバックアップ/リカバリ、クローニング、ディザスタリカバリのためのストレージ設定を自動化し、管理負荷を低減する。データ管理の対象となるアプリケーションの種類別に複数の製品に分かれており、今回機能を強化したのはOracleデータベース用の「SnapManager for Oracle 3.0」、SAPアプリケーション用の「SnapManager for SAP 3.0」、Microsoft Office SharePoint Server用の「SnapManager for Microsoft Office SharePoint Server 2.0」の3製品。

 SnapManager for Oracle 3.0は今回の機能強化により、レプリケーションソフトウェア「SnapMirror」やリモートバックアップ用ソフトウェア「SnapVault」と組み合わせたディザスタリカバリ環境構築を可能にした。SnapManager for SAP 3.0は、仮想クローン機能「FlexClone」技術との連携が可能になり、開発・テスト環境用にシステムのコピーを容易に作成できるようになった。またSnapManager for Microsoft Office SharePoint Server 2.0は、新規データの自動検知・バックアップやディザスタリカバリ機能などを追加した。

 参考価格は、SnapManager for Oracle 3.0が153万9000円、SnapManager for SAP 3.0が192万4000円、SnapManager for Microsoft Office SharePoint Server 2.0が121万1000円となっている(いずれも税別価格)。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...

news093.jpg

先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる...