NetApp、仮想化環境向けストレージ管理ソフト2製品を発表NEWS

仮想化による情報システムの利用効率向上とITコスト削減をサポートする「SnapManager for Virtual Infrastructure」および「Provisioning Manager」を発表。同時にバックアップ支援ソフトなど既存製品の機能強化も行った。

2008年02月14日 19時19分 公開
[ITmedia]

 日本ネットワーク・アプライアンスは2月14日、仮想化システム環境におけるデータ管理を効率化するストレージ管理ソフトウェア「SnapManager for Virtual Infrastructure(SMVI)」および「Provisioning Manager」を発表した。

 SMVIは、サーバ仮想化ソフト「VMware ESX」による仮想化環境におけるOS、アプリケーション、データのバックアップ/リカバリ、レプリケーション(複製)、ディザスタリカバリ(災害復旧)を自動化するソフトウェア。仮想化システム環境におけるポリシーに基づいたデータ管理を自動化できる。

 Provisioning Managerは、複数のストレージ装置に対して論理的なボリューム単位で容量の自動割り当てを行い、仮想システム環境のサーバとストレージの利用率を可視化するGUIベースのソフトウェア。既存のストレージ統合管理ソフトである「Operations Manager」のオプション機能として提供される。

 また、同社製品「SnapManager」にVMwareとの連携機能を追加。さらに、「Protection Manager」の仮想/物理サーバ混在環境下のデータ保護機能や、ストレージ専用OS「Data ONTAP」のデータ重複排除機能強化など、既存製品の仮想化対応も行った。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...