2008年02月14日 19時19分 UPDATE
ニュース

NEWSNetApp、仮想化環境向けストレージ管理ソフト2製品を発表

仮想化による情報システムの利用効率向上とITコスト削減をサポートする「SnapManager for Virtual Infrastructure」および「Provisioning Manager」を発表。同時にバックアップ支援ソフトなど既存製品の機能強化も行った。

[ITmedia]

 日本ネットワーク・アプライアンスは2月14日、仮想化システム環境におけるデータ管理を効率化するストレージ管理ソフトウェア「SnapManager for Virtual Infrastructure(SMVI)」および「Provisioning Manager」を発表した。

 SMVIは、サーバ仮想化ソフト「VMware ESX」による仮想化環境におけるOS、アプリケーション、データのバックアップ/リカバリ、レプリケーション(複製)、ディザスタリカバリ(災害復旧)を自動化するソフトウェア。仮想化システム環境におけるポリシーに基づいたデータ管理を自動化できる。

 Provisioning Managerは、複数のストレージ装置に対して論理的なボリューム単位で容量の自動割り当てを行い、仮想システム環境のサーバとストレージの利用率を可視化するGUIベースのソフトウェア。既存のストレージ統合管理ソフトである「Operations Manager」のオプション機能として提供される。

 また、同社製品「SnapManager」にVMwareとの連携機能を追加。さらに、「Protection Manager」の仮想/物理サーバ混在環境下のデータ保護機能や、ストレージ専用OS「Data ONTAP」のデータ重複排除機能強化など、既存製品の仮想化対応も行った。

ITmedia マーケティング新着記事

news091.jpg

インターネット広告に関するユーザー意識 8割のユーザーが情報活用に不安――JIAA調査
ユーザーのインターネットメディア・広告への意識、情報取得活用への意識、業界が取り組...

news098.jpg

BeautyTech関連アプリは浸透しているのか?――アイスタイル調べ
BeutyTech関連アプリがこの1年で浸透し始めたことが明らかになりました。

news094.jpg

日本国内に住む中国人女性のSNS利用実態――アライドアーキテクツ調査
在日中国人女性464人に聞いたSNSの利用状況と、SNSを通じて行われる情報提供の実態につい...