2010年02月25日 09時00分 公開
ニュース

日立情報システムズ、ユーザーの業務内容やIT環境に適したGumblar対策サービスNEWS

Web閲覧時の感染対策やクライアントPCの対策強化など、複数製品を組み合わせたGumblar対策を企業に提案する。

[TechTargetジャパン]

 日立情報システムズは2月24日、Webサイトへの感染被害が続くWebウイルス攻撃「Gumblar(ガンブラー)」への対策として、クライアントPCでの対策強化やWeb閲覧時の予防など、複数製品を組み合わせたソリューション提案を開始すると発表した。

 セキュリティ対策の経験が豊富な専門スタッフが、ユーザーの業務内容やIT環境に適したGumblar対策を提案し、必要なソフト/サービスを提供するという。

 例えば社内ユーザーへのGumblar対策を強化する場合には、Web閲覧での感染対策としてウイルス/スパイウェア検知やURLフィルタリングを行う同社の「Webセキュリティ on-Demand」を提案。さらにクライアント側での感染予防として、アンチウイルス/アンチスパイウェア、ファイアウォール侵入防止(IPS)、デバイスアクセス制御を実装したシマンテックの「Symantec Endpoint Protection」を、検疫による社内ネットワークの保護として、セキュリティ要件に適合しないPCのネットワーク接続を防御するシマンテックの「Symantec Network Access Control」を組み合わせたソリューションを提案する。

画像 Gumblar対策ソリューションの提供イメージ

 また同社では、今回のソリューション提案開始に伴い、Gumblarウイルス対策専用の相談窓口を新規に設置。Webコンテンツ公開者やWebサーバ管理者からの相談に対応する。なお、Gumblar対策以外の相談も受け付け、セキュリティ対策を含めたトータルサポートも実施するとしている。

 今後は、既存ユーザーやセミナー来場者、専用相談窓口相談者を中心に、2011年3月までに50社へのソリューション提供を目指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

小嶋陽菜さんが作りたかったコミュニティーとしてのD2Cブランド「Her lip to」
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想につい...

news126.jpg

コロナ禍で問い合わせ「増えた」消費者が4割、LINEやZoomなど手段も多様化――モビルス調査
新型コロナの影響で変わる消費者の問い合わせ動向調査です。