2010年12月21日 08時00分 公開
特集/連載

XenServer TipsXenServerでVMの仮想ディスクをVHD形式にする方法

仮想ディスクを保存するストレージを、デフォルトのボリュームベースのLVMからファイルベースのext3に変更する方法を解説する。これにより、シンプロビジョニングやエキスポートのパフォーマンスが向上する。

[北瀬公彦,シトリックス・システムズ・ジャパン]

 XenServerでは、仮想ディスク用に下記4タイプのストレージを使用できる。

1.ローカルストレージ:

小規模環境で、ライブマイグレーションやリソース共有を行わない場合に検討される。

2.NFS(Network File System):

比較的安価な共有ストレージ。中規模仮想環境で検討される。

3.iSCSI SAN:

IPネットワークで構成できる共有ストレージ。中規模仮想環境で検討される。

4.FC SAN:

専用のネットワークで構成する共有ストレージ。大規模環境で検討される。

 各ストレージ上における仮想ディスクの特徴は、下表を参照。

タイプ別に見るストレージの特徴
ローカル ローカル FC iSCSI NFS
SRタイプ LVM ext3 LVM LVM NFS
仮想ディスク LVHD VHD LVHD LVHD VHD
共有
シンプロビジョニング
リサイズ  
マルチパス ボンディング ボンディング
高速複製

 以下、ローカルのストレージリポジトリ(SR)をデフォルトのLVMからext3に変更する方法について解説する。なお、本稿では説明の都合上(手順6〜8の)コマンドに改行を入れているが、実際には1行で入力する。

設定方法

【XenServer 5.6以前】

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。