2011年02月17日 11時55分 公開
特集/連載

Microsoft、開発者支援ツール「Attack Surface Analyzer」を公開アプリケーションの脆弱性リスクを検証

「Attack Surface Analyzer」では、新開発のアプリケーション導入によって攻撃の様相が変化するかどうかを検証できる。

[Robert Westervelt,TechTarget]

 米Microsoftが開発者支援のための新ツールをリリースした。脆弱性を突いたWindowsへの不正アクセス攻撃の様相が、新開発のアプリケーション導入によって変化するかどうかを検証できる。

 「Attack Surface Analyzer」と呼ばれるこのツールは、新しいSDL検証ツールのβ版として2011年1月に一般公開された。アプリケーションをインストールする前とインストールした後のWindowsシステムの状態についてスナップショットを取ることができる。

 Microsoftはバージニア州アーリントンで開かれたBlack Hat D.C.カンファレンスで幾つかの発表を行い、新ツールもその1つだった。同社はBlack Hatでセキュアなソフトウェア開発戦略にスポットを当てるのが恒例になっている。これまでにもTrustworthy Computingプロジェクトの一環として、社内プロセスについて解説した文書やツールを業界全体に向けて公表し、よりセキュアなソフトウェア開発プロセスの構築を支援してきた。

 新ツールは他の分野のIT専門家にも活用してもらえるとMicrosoftは説明する。IT監査担当者がAttack Surface Analyzerを利用すれば、新規にインストールしたアプリケーションによってもたらされるリスクを検証できる。事件対応に利用すれば、捜査の過程でシステムのセキュリティ状態について理解を深めることができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...