2011年12月21日 17時00分 公開
ニュース

統合的なヘルスケアシステムの実現を目指す研究所を京都に開設 アライドテレシスNEWS

アライドテレシスホールディングスと京都大学大学院、京都高度技術研究所が、統合的なヘルスケアシステムの提供を目標とした、先進的なICTの基礎・応用研究に取り組む京都研究所を2012年3月に開設する。

[TechTargetジャパン]

 アライドテレシスホールディングス(以下、アライドテレシス)は12月21日、国立大学法人 京都大学大学院 情報学研究科、財団法人 京都高度技術研究所と共同でグループの研究開発の中核拠点となる「京都研究所」(京都市左京区)を2012年3月に開設すると発表した。当面の研究課題として「統合的なヘルスケアシステムの提供」を掲げ、研究開発に取り組む。

 アライドテレシスは、医療分野における課題として「医療費の増加」「地方都市やへき地における医師不足」「専門医の不足」「地域連携」「在宅生活の医療(健康・介護)との連携」などを挙げ、その課題解決に役立つ研究を進めるという。具体的には、ネットワークの観点から「医療機関内」「医療機関連携」「医療機関外」の3つの領域における医療サービスの構築、質の向上を目指す 。

 また医療機関内では、院内ネットワークの統合、MRI検査データや手術映像など大容量データの転送、アーカイビングシステムの構築、検温などベッドサイドデータの収集・管理システムを構築する。医療機関連携では、医療機関間のネットワーク管理、遠隔診断やその他の医療支援システムを構築する。さらに、家庭での健康チェックや在宅医療、介護・老後施設などにおける健康・医療サービスの提供システムを構築するという。

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...