2012年02月01日 15時00分 公開
ニュース

日本オラクル、プライベートクラウド向けのストレージ新製品NEWS

日本オラクルがSANストレージの新製品を発表。RAID負荷の分散機能やアプリケーションの優先順位に応じたリソース配分機能などを備えている。

[TechTargetジャパン]

 日本オラクルは1月31日、ストレージの新製品「Pillar Axiom 600」の国内提供の開始を発表した。米Oracleが2011年6月に買収した米Pillar Data Systemsの製品。

 Pillar Axiom 600は、拡張可能なモジュール型ハードウェア構成で最大1.6PB(ペタバイト)まで容量の拡張が可能なSAN(Storage Area Network)ストレージ。分散RAIDやQoSなどの機能を搭載している。

photo Pillar Axiom 600

 Pillar Axiom 600のQoS機能では、アプリケーションのデータを先着順ではなく、データの入出力要件に合わせたリソースの割り当て、CPUの稼働率、容量やキャッシュの分配などを実施する。同社によると、Pillar Axiom 600を導入することでビジネスの優先順位に応じてアプリケーションのデータ管理を容易に行えるとともに、自社環境におけるストレージ統合やプライベートクラウド環境への段階的な移行も可能になるという。

 また、Pillar Axiom 600は同社のデータベースマシン「Oracle Exadata」向けに開発されたデータ圧縮技術「Hybrid Columnar Compression」に対応する。同社によると「Oracle Database」の利用環境において平均3〜5倍までストレージ効率を上げることができるという。Pillar Axiom 600の提供価格は675万9606円(最小構成の税込価格)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...