2012年02月01日 15時00分 公開
ニュース

日本オラクル、プライベートクラウド向けのストレージ新製品NEWS

日本オラクルがSANストレージの新製品を発表。RAID負荷の分散機能やアプリケーションの優先順位に応じたリソース配分機能などを備えている。

[TechTargetジャパン]

 日本オラクルは1月31日、ストレージの新製品「Pillar Axiom 600」の国内提供の開始を発表した。米Oracleが2011年6月に買収した米Pillar Data Systemsの製品。

 Pillar Axiom 600は、拡張可能なモジュール型ハードウェア構成で最大1.6PB(ペタバイト)まで容量の拡張が可能なSAN(Storage Area Network)ストレージ。分散RAIDやQoSなどの機能を搭載している。

photo Pillar Axiom 600

 Pillar Axiom 600のQoS機能では、アプリケーションのデータを先着順ではなく、データの入出力要件に合わせたリソースの割り当て、CPUの稼働率、容量やキャッシュの分配などを実施する。同社によると、Pillar Axiom 600を導入することでビジネスの優先順位に応じてアプリケーションのデータ管理を容易に行えるとともに、自社環境におけるストレージ統合やプライベートクラウド環境への段階的な移行も可能になるという。

 また、Pillar Axiom 600は同社のデータベースマシン「Oracle Exadata」向けに開発されたデータ圧縮技術「Hybrid Columnar Compression」に対応する。同社によると「Oracle Database」の利用環境において平均3〜5倍までストレージ効率を上げることができるという。Pillar Axiom 600の提供価格は675万9606円(最小構成の税込価格)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...