2012年02月10日 11時00分 公開
ニュース

圧縮・重複排除機能を搭載したバックアップストレージ デルNEWS

デルがデータ圧縮・重複排除技術が搭載したバックアップストレージを販売開始した。ZIP形式のような圧縮ファイルでも効率的なデータ削減効果があるという。

[TechTargetジャパン]

 デルは2月9日、バックアップストレージの新製品「Dell DR4000」(以下、DR4000)を販売開始した。DR4000には米Dellが2010年7月に買収したOcarina Networksのデータ圧縮・重複排除技術が搭載されている。

 DR4000は2Uのディスクベースのバックアップストレージ。インライン重複排除技術やファイルごとの圧縮アルゴリズム技術を採用し、ZIP形式のような処理が難しい圧縮ファイルに対しても高いデータ削減効果が期待できるという。

photo Dell DR4000

 また、DR4000にはバックアップの整合性を検証するデータ保護機能が組み込まれている。さらに不揮発性RAM(NVRAM)を搭載し、停電時にもデータを保護し、ハードウェア障害によるデータの破損などを検出する。その他、RAID 6構成をサポートし冗長性を確保している。

 DR4000は論理容量が35Tバイト、70Tバイト、130Tバイトの3モデルが用意されている。参考価格は156万円から(最小構成の場合)。また、レプリケーション機能、重複排除機能、圧縮機能などの全機能を追加ライセンス費用なしで利用できるという。

編注:2012年2月13日

本記事に関して、以下の製品情報を訂正させていただきました。

(訂正前)

DR4000は論理容量が40Tバイト、81Tバイト、135Tバイトの3モデルが用意されている。

(訂正後)

DR4000は論理容量が35Tバイト、70Tバイト、130Tバイトの3モデルが用意されている。


ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

学生・若手社会人の7割以上が「クリエイティビティ」を重視――アドビ調査
「就職活動・若手社会人に必要なクリエイティブスキルに関する調査」の結果です。

news065.jpg

これからの企業コミュニケーションを読み解くキーワード「ナラティブ」とは?
話題書『ナラティブカンパニー』の著者である本田哲也氏とソーシャルメディアマーケティ...

news020.jpg

SDGsステートメント策定までにやったこと 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【後編】
前編に引き続き、LMGのSDGs推進活動をご指導いただいた北九州市立大学教授の眞鍋和博氏と...