2013年09月30日 08時00分 公開
特集/連載

企業のスマホ導入が失敗する3つの原因Android/iOS端末へのアプリ移行がネックか

業務の効率化を目指し、スマートフォンやタブレットでも業務アプリの利用を解禁する企業が増えている。しかし、単に導入しただけでは思わぬ結末を招きかねない。

[Mike Anderson,TechTarget]

 数々の課題を前にモバイル戦略の準備が整わず、モバイル化の海に思い切って飛び込めない企業は多い。

 モバイル関連のコンサルティング企業、米VDC Research Groupが最近実施した調査によると、企業が上げる課題のトップ3は「セキュリティ」「無線接続とそのサービス提供範囲」「既存システムのモバイル対応状況」だった。

 この調査では、セキュリティを懸念材料としたのは回答者の62%に上る。無線接続とサービス提供範囲を課題だとしたのは50%。また、「既存システムはモバイルソリューリョンに対応していない」と回答したのは42%だった。

 「機密情報は、Salesforce.comやカスタマーサービスオートメーション、CRM(顧客関係管理)などのプラットフォームで公開されている」とVDC Researchのシニアモバイルアナリスト、エリック・クライン氏は言う。「しかし、モバイルプラットフォームからのアクセスが解禁されたら、リスクはさらに高まる」

柔軟性のないネットワークとアプリがモバイル化の妨げに

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...