会社で見つかるマルウェアは年間2000種以上――実トラフィックで明らかに実トラフィックが語る「セキュリティ脅威の真実」【第2回】

どのようなマルウェアが国内企業を襲っているのか。脆弱性を悪用した攻撃のうち、主要なものは何か。実トラフィックを基にこうした疑問を明らかにしつつ、有効な対策を示す。

2014年09月16日 08時00分 公開
[三輪賢一,パロアルトネットワークス]

 第1回「『OneDrive』やメールも危険? 攻撃者が狙う情報共有系アプリ5種」に引き続き、国内企業のネットワークに次世代ファイアウォールを接続して収集した生のデータを基に、最新の脅威について解説していきます。今回焦点を当てるのは、実トラフィックで明らかになったマルウェアと脆弱性攻撃(エクスプロイト)の侵入経路です。

連載:実トラフィックが語る「セキュリティ脅威の真実」


国内企業を襲うマルウェアの真実

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...