2015年02月20日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 7のメインストリームサポート終了、不安なら試したい4つの方法これからも円滑に運用するためのノウハウを紹介

「Windows 7」ではMicrosoftと有料の延長サポート契約を結ぶこともできる。だがセキュリティなどの機能を考えると「Windows 8」「Windows 10」の方が魅力は増している。

[Kim Lindros & Ed Tittel,TechTarget]

関連キーワード

Windows 8 | Windows 10 | Windows 7 | 脆弱性


 「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月13日(米国時間)で終了し、まだWindows 7のメンテナンスを必要とするIT管理者に多大な不安が生じている。幸いなことに、セキュリティの観点からはほとんど心配は不要だ。米Microsoftは今後数年の間、延長サポートを通じてWindows 7のセキュリティ問題の修正を続けるからだ。

 だが同OSの新機能については更新版の提供が打ち切られ、もし必要とする場合はMicrosoftと有償技術サポート契約を結ばなければならない。Windows 7を円滑に運用し続けるためのノウハウを以下に紹介する。

Windows 7のセキュリティ情報をチェックする

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。