2015年08月22日 09時00分 UPDATE
特集/連載

2つのモードで使い勝手向上した?徹底レビュー:「Windows 10」 タブレットユーザーが「褒める機能」「けなす機能」 (1/3)

Windows 10に追加された「タブレットモード」。果たしてタブレットユーザーによって使えるものになっているのだろうか、紹介する。

[Ed Hardy,TechTarget]
Windows 10のスタート画面《クリックで拡大》

 米Microsoftは「Windows 8」でタブレット重視のOSという大胆な戦略を取った。問題はWindows 8をノートPCやデスクトップPCで使用したユーザーからすこぶる評判が悪かったことだ。その結果、Microsoftは「Windows 10」で、従来のPC重視に路線を戻している。だが、この状況はタブレットユーザーにどのような影響をもたらすのだろうか。この疑問を解消するため、複数のハイエンドとローエンドのタブレットでWindows 10をテストしてみた。端的に言うと、Windows 10では、Windows 8で実現すべきだったことに対応がなされている。詳しく解説しよう。

改善された枠組み

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...