2016年02月19日 12時00分 公開
特集/連載

Webブラウザの怪しい拡張機能、うっかりインストールするとどうなる?攻撃者とセキュリティベンダーの終わりなき戦い【後編】(1/2 ページ)

Ciscoセキュリティレポートでは、暗号化にまつわる諸問題が注目されサイバーセキュリティの問題が増えると言及している。その他、“悪意のあるブラウザ拡張機能”の対策を見落としやすい点にも注意を促している。

[Michael Heller,TechTarget]
イメージ

 前編「短くなるセキュリティ脅威の検出時間、それでもリスクが減らないのはなぜ?」では脅威が高まっているネットワーク上の攻撃について解説するCiscoのセキュリティレポートを紹介した。後編では同じセキュリティレポートから、暗号化の普及によって変わるセキュリティ対策や、Webブラウザを狙う悪意のある拡張機能について解説する。

暗号化について

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...