2016年02月19日 12時00分 公開
特集/連載

Webブラウザの怪しい拡張機能、うっかりインストールするとどうなる?攻撃者とセキュリティベンダーの終わりなき戦い【後編】(1/2 ページ)

Ciscoセキュリティレポートでは、暗号化にまつわる諸問題が注目されサイバーセキュリティの問題が増えると言及している。その他、“悪意のあるブラウザ拡張機能”の対策を見落としやすい点にも注意を促している。

[Michael Heller,TechTarget]
イメージ

 前編「短くなるセキュリティ脅威の検出時間、それでもリスクが減らないのはなぜ?」では脅威が高まっているネットワーク上の攻撃について解説するCiscoのセキュリティレポートを紹介した。後編では同じセキュリティレポートから、暗号化の普及によって変わるセキュリティ対策や、Webブラウザを狙う悪意のある拡張機能について解説する。

暗号化について

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。