Webブラウザの怪しい拡張機能、うっかりインストールするとどうなる?攻撃者とセキュリティベンダーの終わりなき戦い【後編】(1/2 ページ)

Ciscoセキュリティレポートでは、暗号化にまつわる諸問題が注目されサイバーセキュリティの問題が増えると言及している。その他、“悪意のあるブラウザ拡張機能”の対策を見落としやすい点にも注意を促している。

2016年02月19日 12時00分 公開
[Michael HellerTechTarget]
イメージ

 前編「短くなるセキュリティ脅威の検出時間、それでもリスクが減らないのはなぜ?」では脅威が高まっているネットワーク上の攻撃について解説するCiscoのセキュリティレポートを紹介した。後編では同じセキュリティレポートから、暗号化の普及によって変わるセキュリティ対策や、Webブラウザを狙う悪意のある拡張機能について解説する。

暗号化について

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。