2016年05月10日 12時00分 UPDATE
特集/連載

企業はハッカーコンテストを支援せよ就活不人気のセキュリティ職、ミレニアル世代を振り向かせるには?

サイバーセキュリティ分野のキャリアの魅力を若い世代に伝えるのはそう難しいことではないが、そのためには、IT業界が教育に力を入れなければならない。そして、企業が若い世代を導く必要がある。

[Mike O. Villegas,TechTarget]

 RaytheonとNational Cyber Security Allianceが最近実施した調査では、18〜26歳のミレニアル世代は、サイバーセキュリティのキャリアに進もうとしていないことが明らかになった。この原因は、セキュリティ職に対する認識不足とコンピュータ科学の学位取得の選択肢が限られていることにある。これは、情報セキュリティの労働人口にどのような影響があるのだろうか。また、ミレニアル世代にサイバーセキュリティのキャリアに関心を持ってもらうために、雇用主やセキュリティマネジャーは何ができるのだろうか。

数字が語る“若者のセキュリティ離れ”

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。